液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

20030827 渋谷AX
セロファン / LOST IN TIME / Nathalie Wise / Bonie Pink / クラムボン / スピッツ


16時頃からタワレコにてリトルテンポの新譜を試聴。
ってこれ、先週エゾで聴いてたけどな・・・・・・゜・(ノД‘)・゜・
あっ、ほんとにほんとに1週間前の同じくらいの時間だったじゃん、そういえば・・
帰りたい・・。

うわー良かったなあ・・・
いいなあ・・
一緒に入ってたこだまさんの新譜も聴きつつ。
だぶんだぶんどんぶらこ。

ちょうどDVDコ−ナ−の横だったため、そこにはみうらじゅんが流れていた。。
みうらじゅん・・・

2階にあがってふらふら。
てゆうかタワレコ渋谷来たの久しぶりだったな・・。
違和感。


んで17時頃AXへ。
スピッツファンがいっぱいいっぱいいることいること・・・!
しかもロックロックT着てる人がいっぱいいる!
つまりみんな2日前のロックロック仙台行って、今日も来て、ってことだもんなあ・・。
凄いな。

番号は600番台(たしか)なため、列など関係せずふらふら話していたら、竹中直人がいた。
ほー、という感じで女の人連れてた。
奥さんだかなんだか知らんけど。

真横を通り過ぎられた。
うわー、フェリ−でピンポン見たばっかだったから、どうにもあのキャラが印象強くて、なんか、おもしろいなあと思った。
髪の毛キンパツで、既に長袖だった、早いな、芸能人。


17時半近くに適当に中へ。
出演順が貼ってある。

1.セロファン
2.LOST IN TIME
3.Nathalie Wise

20分休憩

4.Bonie Pink
5.クラムボン
6.スピッツ

を、をおおおおおおお!
ロストナタリ−ボニピンって!
祭じゃないか・・・・


下手後方段の上にて。
AXはこれで3回目くらいなのだけど、私はやっぱここらへんが見やすくて好きだな。
AXはどこでも見やすいけど、それが好き。
まあAXに限らずよほどのことがない限りどうしても後ろ癖があるなあ・・・


セロファン

初聴き、初見。
アンダウンによく載ってるから、いくらかは想像ついていたけれど。

こうゆうポップな音楽は久しぶりに聴いた。
あーやっぱ良いなあ・・・・と身が洗われる思い。
エゾはー、なんか、やっぱ、こてこてな音楽ばっかだったし、ポップでほどよくシンプルに聴きやすい歌モノ聴いたら気持ち落ち着いたわー。
やっぱ自分こうゆうのも好きなんだなあと実感。

ロックだと4ピ−スは苦手ものが多くても、ポップスなら大丈夫なのかなあ・・・と思った。
はっぴいえんども4ピ−スだけど好きだもんな。。
まあ完璧分けきれないけれど。

3曲というなんともな短さー。
1曲目のインストちっくな曲は凄く好きだな。
曲は親しみやすい感じだけど、どこか大衆的に受けるほどのものまではない感じがした。
まあそうゆうのは、そうスタンダ−ドに上手くやれるバンドもそんなにいないもんよな・・・

そしてMCのほどよい落ち着き加減が良かった・・
なんだかメンバ−の雰囲気がイイ!
キ−ボ−ドさんがサポ−トだったみたいだけど、いやーキ−ボ−ドさん良い仕事しますな。

ん、思ってたよりも良く、1発目から良い気分。


LOST IN TIME

3ヶ月ぶりに見るロスト。
ちょうど前見た時もAXだったか。

んん、榎本さん髪の毛切ってるじゃん!
良かったー。
短い方が好きだ。
切ってくれてたのね、くらいの勢いで。


セットリスト
1.列車
2.約束
3.線路の上
4.通り雨

5月までに見ていた時には列車は、最後の曲だった。
いつも最後にやっていた曲が最初になっていたのだから、驚いた。

それはまあライブを続けてきた中での色々な変化の内の一つ。
自分だってこの3ヶ月で変わった。
そりゃあ何事も変わることもあるよな、としみじみしてみたり。。


えー・・・しかし1曲目列車から演奏がちとな・・
んー・・・てゆうか榎本さんのギタ−の音、全体的に変わった?
前はもっときれいめだったような・・・
なんかあんな濁ってたっけ・・・・・・
うー・・・もうちょっときれいに鳴った方が好きだなあ・・。

2曲目約束が一番ちょっと・・・ひどかった。
大幅にあわないことあわないこと・・・・・
約束って確かにズレることがある方かもしれないけど、今日のズレはちょっと・・
少し心配になってきた。

3曲目線路の上でやっと調子を掴めてきた感じ。
前半はまだ少し走ってる感があったけれど・・・
中間あたりかな、とりあえず最初にスパ−ンとまキマるとこでちゃんときまってた。
やっぱりロストはスパ−ンと決まった時にめちゃくちゃ気持ち良い。
それが聴いてて嬉しい。

そして4曲目通り雨。
セロファンが3曲だったから、ロストもこのくらいだろうなあとは思っていたけれど、やっぱりこれで最後の曲ですっていうのは、寂しかったなあ・・
やっとあわさってきたとこだったから余計に。
それにしてもココロノウタも手紙もやらずに通り雨が残ってたとは。
大好きだから聴けて嬉しかったけど。
ココロノウタは榎本さんギタ−変えないといけんしな・・・

うん、通り雨はほぼバッチシ!
ちょこちょこあれだった程度で・・・
やっぱこの曲のベ−スライン凄くイイ!
こうなんかああゆう曲の作り大好きだ・・・・
最後の方の、榎本さんはまんまステ−ジ向かってギタ−弾いてて、海北さんが源ちゃんの方へと後ろ向いてリズム隊であわせて、最後にむけてずんずんずんずんとなるの。
こうゆうのが見てても好きなところ。


3月の大宮ハ−ツに次ぐくらいの演奏の粗さだなあと思った。
でもまあ今回は曲数が少なかったし。
久しぶりに見たということで、良いライブだったとして受け取れた。

海北さんの喋りも、MCじゃなくての、少しでもあったから良かった。
あれ聞くとやっぱロストだな・・・
うがいして飲んでるのも相変わらずだし。

また見たい。


Nathalie Wise

まあ、今日の一番大本命だっただろうかな。
なんてったって、なんてったって、高野寛さん!
あーもーほんと高野さんのギタ−聴けて歌声聞けてーなんて、夢みたいな勢いで。
ああもう・・・あうわあ・・・・・・・
いやもちろん斎藤さんもBIKKEもいてこそナタリ−ワイズ。

SEがナタリ−♪って、歌ってるやつ・・・
聴いたことはあったのだけど。
ホラ−っぽい、と思った。
笑い・・・・

えーと、セットリストは全く分からんけど。
アルバム聴いてないもん・・。
つうか、4曲?5曲?それすらあやふや・・・・
ふわふわしてたし、1曲長かったりして、あれれ・・・・・4曲、かな・・

ただ、最後から2曲目にTIME WAVE ZEROはやってた。
これは高野さんのソロ作品Rain or Shineに入ってる曲だから分かる。

でもこれ以外も全部聴いたことあったような・・・
それはなぜってスペシャのライブ映像で聴いたりしてたからだけど。

編成は3人(=ギタ−、ピアノ、歌)+ヴァイオリン、チェロ、ベ−ス、打楽器。
豪華ー・・・・


1曲目始まった時から、空気がふわり〜と変わってしまった。
あまりに唐突でびっくりした。
え、え、え?えー・・・・・と、心地よい。
この1曲目からして凄かったよなあ。
なんかねえ、凄いわ・・・ほええ・・・・・

打楽器さんが特に!
民族楽器なのかな。
結構テレビ等で目にすると思うのだけど、雨のような音が鳴るの。
こう斜めに傾けて、ズザザザサ−・・・・・・・っと。

もーうこれに感激。
だってああゆう楽器を、音を、ライブハウスというあの空間の中で鳴らしてるんだから。
それと重なりあう音があるっていうことがもうめちゃステキすぎる。
はうー・・・・・ほう。。

ああ高野さんのギタ−が鳴っている・・・
途中でアコギに変えたり。
でも歌はちょこちょこ。
ああもっと歌聴きたいよー・・・とうずうず、うずず、うずずずん・・・

2曲目もちょこちょこと。

んでここでビッケのMCが少し。
ナタリ−ファンは少ないのか?、なんとなく微妙感ありつつも、おもしろかった。
ナタリ−(SE)おもしろかった?とかなんとか言ってた。
BIKKEのなあんか変な緩さは好きだなあ。


んで、3だか4曲目にTIME WAVE ZERO。
やるかな、どうなのかな・・・・と期待と期待と・・。

なので思わずキタ−!と胸中叫び。
てゆうか多分少し声に出してたな・・・
だってこれなら高野さんの歌多く聴けるんだものー♪
ああもうね、良い声です・・・・・
甘いよ・・・・・

うにゃーんつうかもうギタ−の音がめっちゃきれいやん!
アコギなんだけど、なんかもうあれとろけるもん・・・
うわあもうほんと感激感激うやああああ・・・・
ああもうほんと感激でした・・・・・
ひゃああああ・・・・・・・・・


んで最後の曲ももちろん聴いたことはあって。
いかにも最後に、な曲なのだけど、これも高野さんがよく歌うんだな。
もーめっちゃ良かった良かった!
一人でるんるん軽く踊ってた。

高野さんはもちろんのこと、斎藤さんのピアノもほんときれいで。
ってゆうかこれに限らず生であのピアノ聴くと、また全然違う。
すっごい感動する、あのあれは。

ほわあこれだから凄いのよね、やっぱ、ナタリ−は。
民族楽器の音もそうだけど、それらの音が合わさって鳴っていることがすごい。

BIKKEはね、特別何も、相変わらず?変わらないのだけどね。
それでもやっぱBIKKEって、存在大きいもんなあ。
でもBIKKEの声聴いてると、少々切ないんだわ・・・・
ああソウルセット・・・・ってなってしまうから・・。
まあ、まあまあまあ。

あれ、この最後の曲でだったか、BIKKEによるメンバ−紹介を含みつつ。

おしまい、っと。


うわあああん見れて良かった、良かった、良かったよー・・・・・
ううもうほんとナタリ−で体力精神力全て使い切った勢いで。
終わったあとめっちゃふらふらで。
びっちさんも私もなぜか汗かいて、暑い暑いのなんのって・・・

ここで20分休憩と言う事で、なんと、外に出てもOKになってて。
ということで外へー。

もうほんっとふらふーら・・・・
まともに喋れなかった・・・
顔赤いとまで言われたな。

あうーもーほんと高野さんステキすぎなんですが!
えーうーいやーもーなんですか!
うわーん聴けて嬉しかったよお・・・・・
すごいー・・・


あーあ、ソロでライブやらんのだろうか・・・・・
静岡は流石に行けないよ・・・
でもあれめっちゃいいなあ・・・

あー、こうなったらナタリ−ワンマンしかない。
しかし、4500円・・・
むうううむううう・・・・・・・

でも今高野さんソロアルバム作ってるみたいで、年内には発売したいとかって。
って、それより今までの作品もろくに聴けてないんですが・・

ああ高野さんめっちゃ好きです!


Bonnie Pink

照明が落ちた中、まずバンドメンバ−が登場。
ぷふ、アイゴンだ。
走り方がごすごすしてるから、わかりやすい・・・
佐藤さんはいつ見てもカッコイイオ−ラが放たれている。

まあなんというかだから見てたのはほとんどアイゴンと佐藤さんだったのだが・・・
だってだってアイゴン、めっちゃ痩せてるんだから!
すーごいスマ−トにイイ男!って感じで。

エゾで見た時は、そんなに近くででもなかったし、暗かったし、コ−トとか着てたし、あんま分からんかったのかなあ・・・・
まあ、いい。
とにかくほんとイイ男!
元々体格良い感じでどーん!っていう感じではあったけど、痩せたおかげでなんかこうスッキリスマ−トになっててイイ男フェロモンを・・・・出していたかな。
いやー、やっぱアイゴンはかっこいいもの!

特に、最後には結んでた髪の毛がいつの間にかほどけてて。
うわーんカッコイイ!と本気でときめいたな。
髪ばさばさ振り回してるよ!(振り回してるっていうか・・・)
ギタ−掻き鳴らしてるよ!

はー、やっぱさ、髪の毛ああやられてかっこいいギタ−弾かれたらたまんないですな。
私そうゆうのドツボだもんな・・・
FOEの時とはまたなんか違う感じだったんだよなぁ。
百々に通じる感じなんですが。
うーん、カッコイイ。


んでもちろんボニ−ピンクは良かった。
笑顔がめっちゃかわいいなぁ。

メンバ−紹介の佐藤さんの時、後ろのくせに腕最大限に伸ばして拍手してたら、佐藤さんこっちに手振ってくれたー、と思い込んでますが何か。


クラムボン

クラムボンを知ったのは中3の時。
それで好きになって、あれって、1stだったよはず、アルバム聴いてるの。
あれ、2nd?

んで、なぜかそこ止まりだったんだよなぁ。
高校生になってからはさっぱり?
はてさて。


生で聴いても思うに、私はきっともっと好きそうな気がするんだけどなあ?
ソウルセットとか好きなら今のクラムボン好きでおかしくないよなあ?
なんでだろう・・・・何がだろう・・・・・

1曲BIKKEが参加したのを聴けてラッキ−。
再度登場した時もやっぱりなあんか変な緩い感じのBIKKEがおもしろく。
てゆうかあの格好は一体。

ふむ、良いライブでした。
言うならばもっとスタンダ−ドにやってくれた方が好きなのかもなあ。


スピッツ

事前に聴いてはいたものの、やはりファンの方々が凄い。
思えば最近随分ああゆう感じの光景を目にしていなかった。
いやはや凄いなー。

やっぱトリだけに曲いっぱいやっててずるいなーと単純に思った。
だってロストなんて4曲・・・。

あ、でも私スピッツ見るの初めてだったから、うわあ凄いなあと単純に。
まあそれほどでもないか・・・。

いやー色々とおもしろく楽しめたライブでした。
見れて良かった。


22時5分過ぎで終了。
外へ。
いやはやふらふら・・・・
4時間半か。


そして、pさんと初対面。
不思議なものです。

そしてその後yさんにまで初対面。
わああああ、yさんはほんっと大ファンな方だったので、前々にメ−ルなどしていたとは言え、はわわ。
めっきり言葉になっていない・・・

そこからyさんの素晴らしさっぷりが大発揮。
うひゃーもう凄かったです。
こまつさん、という言葉にyさんは欠かせませんもん、私の中じゃ。

駅までの道のりでも沢山沢山聴かせてもらい。
モ−サムもちと含みつつ。
もう爆笑しまくってましたな、私・・・・・あせあせ・・。

渋谷駅に着いても立ち止まり。
エゾでの激しくイっちゃってるこまっちゃんや、アイゴンの写真、エゾの風景写真を見せてもらい・・・うう、思い出します・・。
こまっちゃんはすごいなあ、と改めて。
なんてったって、チャゲアスチャゲと呼ぶ男。

何より書けないくらいのエゾ話はとっても凄かったです。
もう凄かったとしか言いようがなく・・・・

むっちゃくちゃおなかいっぱいになりました。
もー笑いすぎて顎がこきこき。


ありがとうございました。