液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

20031225 渋谷TOWER RECORDS地下1階stage one
Syrup16g

番号は122番。入ると既に沢山の人。しかし前の方3.4列くらいは女性ばかりなのか、低いため、柱付近からでもステ−ジが全く見えないことはない。シロップインストアの時って、いつも同じような場所にいるなあと思いながら。
五十嵐さんのギタ−が変わっているのが見えた。変わってることに予測はついていたけど、それでも残念過ぎた、私の中では。

19時10分過ぎにスタ−ト。五十嵐さんはよく見えて、中畑さんは時々見えて、まきりん全く見えなくて。こうゆうパタ−ン多いな・・・。

セットリスト
01.(i´m not)by you
02.タクシードライバーブラインドネス
03.回送
04.イマジン
05.ex.人間
06.夢
07.My Song
08.パープルムカデ
09.テイレベル
10.汚れたいだけ

en
01.イエロウ
02.センチメンタル
03.sonic disorder
04.coup d´Etat〜空をなくす

(i´m not)by youから始まって、へえ〜という感じ。というか、1曲目からやっぱり多少はギタ−の音が違うってもんだから。ショックっていうか、ふぁぁぁぁぁん・・・出る音はほぼ同じような音だけど、やはり細々違うもんだよ、そりゃギタ−が変われば。もっと、もっと、moonだったら音も見た目もか弱かった。それが大好きだった。あんなイカつい見た目のギタ−あわないよ!薄っぺらいmoonのRMを肩から下げてるのが似合ってたよ!あれを下げてるのが五十嵐さんで。あのギタ−で鳴るメロディが大好きなのに。

えっと、ク−デタ−まではmoon1本で撮ってるはず。つまり、フリスロ、コピ−、クデタ。クデタ発売後、godin(黒いので、キレイ系の曲で使うやつ)を8万で買ったと。その後リッケンがdelayed時には加わって、あとアコギも含めて4本で撮られてるんだったかな。んでそのあとまた増えたと・・・うーん、撮ってるのは他のギタ−でも、ディレ曲でもライブではmoonで弾いてたから。ヘルシやムカデだって、ほとんどそうだったはず。ライブではmoonを使い続けてくれるんだと思ってたんだけどなー。

あの音がほんと大好きだったから、残念だった。まあ、しょうがない、こればっかりは、しょうがないかな。好きなようにやってもらうしか。でも、戻って欲しいなぁ・・・・五十嵐さんの欲的にギタ−増えることへのストップは無理だろうけど。(?)

そして2曲目以降へと続くわけだけど、なんだかやけに五十嵐さんは声低めに出してるんだかなんだかだし、ギタ−も上手くいかないわで、ああなんだ、相変わらずなんだ、と思った。へえ〜〜。しかしここ最近のに比べると、大分そうゆうトチりは多いライブだったみたいで。なんでよりによって・・・とも思ったけれど。
私の中ではシロップは結構中盤が一番掴まれるもんで。夢のイントロにはとても掴まれた。夢はもう事前に大好きだったのもあるけど、それ以上にゾワッとキタ。ああやっぱりこの人のメロディメイカ−としての素質ってスゴーイって思った。すっごく良かった。

しかし次のMy Songは正直、ちと嫌だったかな。これはアコギで弾いてるから、あまりにも差が激しすぎて、私はついていけなかった。私は多分美化しすぎなところがあるから余計になのかも。
それと、もうちょっと部分部分強弱つけて丁寧に歌ってほしかった。ここらへんもまあ相変わらずとは言え、気持ちブッタ切れちゃうから。1曲前の夢では凄く良かった気持ちが、すぐさまシャッタ−下りてしまう。シロップはそう。同じ気持ちをずっと保ってるとか、上がっていくとか、ない。それって、とにかくもったいないなあとは思うけど、それは私の場合の話に過ぎない。

次のムカデは中々良かったなーと思う。最初は、え?やるの?と思ったけど。ゆらゆ〜ら。

しかし中畑さんのドラムってやっぱり良いなーって思った。良いとかってんじゃなくて、懐かしくてあったかくて凄く根っこが太くて。やっぱりシロップの曲って一番聴いてるだけある。曲が体に一番染み込みやすいから、染み込んでるから。リズムも凄く馴染んでて、とにかくとにかく取りやすい。もーやっぱり中畑さんのドラムってば大好きだな。派手でもなく、小技沢山使うんでもないけど、ほぼ正確に構える力はとても大きいから、ムカデみたいな曲では余計に映えるなーと改めて思った。

そして、汚れたいだけ。最初、あれこの曲名なんだっけ?と思った。つうかこれ以前もほとんど思ってるけど・・・・曲と曲名あんまリンクしてないもんで・・・それでもシロップはしてる方だけど。
でも、スグにピンと一つきたことがあった。佐藤さんがいた時の曲だ、って。んでそのあとはスグ、クデタ→汚れたいだけってわかったけども。
聴けて凄く嬉しかった。一体いつ以来よ!?いつ以来でもいいけどとにかく嬉しかったー。
でも改めて思った。クデタって特に佐藤さんのベ−スがもおおおおおおんのすごく色濃いから、汚れたいだけなんて言ったらまさに・・・!そうなると、目の前で音が鳴ってても、頭では同時に佐藤さんのベ−スが流れてる。
聴けて純粋に嬉しかったけど、頭で鳴ることが消えることはないんだろうなーとぼんやりと思った。
しかし、五十嵐さん久しぶりとは言え歌詞忘れすぎ。でも珍しくも(?)それさえも乗り越える何かはあったなー、私内では。いつもより、あーあ、ってそんなに思わなかった。それは演奏力ってことかしら。

アンコ−ル

イエロウ、うーん・・・・。

センチメンタル、良かったっけ?聴けてほほう。。だったけど、特別印象も残らなかった。やらなくても良かったんではと思った。

ソニック、やるだろうと思ってたので嬉しい。イントロがまた進化してかっこよくなってて、大好き。

coup d´Etat〜空をなくす は私的にもうおなかいっぱいという感じで、やってくれなくても構わなかった。つうかぐでぐですぎ。うーん。

セットリスト自体、そんなに魅力を感じれない。色々なアルバム、シングルから入り混じっているわけだけど、そう繋ぎが良いとも思えなかった。曲自体、好きなの少ないし。COPYからは何もやらなかったのが少し残念だった。かと言って生活聴きたかったわけでもないか・・・。

やっぱり私はシロップのライブって、演奏どうこうしか見てないんだ。今までの全部、気持ちがどうこうなったことはあまりないんだろうな。生で聴くより、家で聴いてた方が断然歌詞も曲も、私には染み入ってくる。だからそれが何?って感じだけど。じゃあライブ行かなきゃいいって話かー。でもやっぱり私にはキッパリとはそれが出来ないんだろうなぁ。

私が好きなものって、ライブに求めてるものって、気持ちがどうこうされることなんだと思う。何かを感じる事が好きだから、それを求める。私がライブを求める人の多くはきっとそれを満たしてくれる。シロップには、私はそうゆうのを感じれなくて、粗探しばっかみたいになっちゃって、自分でもそれが良い、好きだなんて全然思えてない。

何でライブ行く事を求めるのをやめれないかって、全部が全部↑のような求める事で占められてはいないんだよーやっぱり・・・願望、つまり妄想、想像、幻想とか、そうゆうのに過ぎないのかな。私が求めてるレベルってやっぱシロップで言ったらレベル高すぎるかな?ほぼ完璧な演奏を求めるって。いつか出来るんじゃないか、みたいな希望は捨てられないんだろうなー・・

でも、そうゆうの求めるのも間違ってるのかしら。つうかもう、しばらくはどうでもいい。時たま、これくらいのキャパでこれくらい見れたらいい。そう考えると渋谷タワ−インストアってなんてすごいんだ!と思った。

全体的によく分からないまま終了ー。てきとうてきとー。なんか結構簡単、ほんとにてきとーになってしまた。やあもう感想はどことも同じに月並みな感じだし。ワンマン行きたいと思わせられることもなかったし。CDは相変わらずよく聴いて大好きなことに変わりはない。でも、な、ライブをあわせて他の人を好きと言ってることが多い中、そうなると、シロップって、どうだかな。まあそれはそれでありだもんな。一人納得。

とりあえず、見れて良かった。良いライブだった。並びに行ったかいがあった。どんな感じの客層かとかも中々おもしろかったし。これは、広いーって感じだった。あそこまでまとまりがない感じなのもおもしろいなあと思った。

Yさんお疲れ様でした。


ああしかしほんとに雑・・・。