液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

MOSTNOTORIOUS Vol.16 // NOTALIN'S / あぶらだこ / MOST

き、きき、きつい・・・・ひじょーに体がしんどい〜・・・・ひい〜。背骨が。いかーん体が歪んでゆく。


ってなわけで昨日は新宿Loftへー。危ない、思わず無意識の内にリキッドの方向へ行こうとしてた。

18時20分頃着いて、まだそんなに人いないだろう〜と思っていたのだけど、これが既に結構いたもんで。しかもみんな座ってる、のに異様な威圧感漂いまくり。それは何故ってほとんどが男の人だから。流石に少しびびったぁ・・・・多いだろうとは思っていたけど、あんなに多いなんて〜。
デートコースも男の人のが多いけど、それ以上というか、種類が違うというか・・・しかも確実に年齢層高めで、20代あたりの人がスッポリ抜けてるような感じ。3.40代くらいの人が多かった。しかも男の人みんな背が高いのよ〜。段々と混んできて結構ぎっしりになって、最終的には背高い人に囲まれて、酸素が届いてこないくらい・・・そして暑い・・ついでに暗い。ほよよ〜。
それでも私より年下な女の子がいたし!推定5歳の女の子が!!!客層っておもしろいなー。

19時10分を過ぎた辺りで1番手のあぶらだこ。既に叫び声が凄い、男だらけ〜。ギターとベースの絡みが蛇使いのようだった。ヴォーカルの人が笛吹いてたからきっとそんなに間違ってない。(えぇ!?)音がビシビシかっこよかったー。およそ25分。でも特別短いーとも思わせられなかったなぁ。そうゆうもんなんだな〜。一段上のとこで見てるのに、あんまりステージが見えない・・・なはは・・あぶらだこが終わると少しだけ人が減る。それでもまだまだぎっしり。。

20時くらいになって、NOTALIN'S。ぬはー、これがかっこよかった!とゆうかすごい....全体的に普通の空気が流れてない。。もうだからあれみたい、モーサムを見て今っていう空気じゃないものを感じるものを、そのままストレートにやられている感じ。んー、モーサムが出せば異種の空気になるんだけど、この場合普通となってるみたいな。そりゃあやってる人が違うからかそうなるか・・・。もうただただその空気〜という感じ。

ミチロウさんのギターの音の圧力がとても強い。そして叫び声は効果音使ってるんじゃないかってくらい凄まじい。白いふさふさの毛をまとった狼のようー。すごすぎる・・・。

んでチェロの坂本さんがこれまた全然普通じゃなさすぎる人だった・・・・・思わず、ああやっぱりそうなんだ...と思ってしまったわ。勝井さんとがソロでやってた時のと同じようなもんだと思われる機械でちゅわーんきゅわーん的な音を出してたりもしてたんだけど、チェロという楽器の高すぎず低すぎずな音域?が新鮮だった〜。うわーチェロってこうゆう風に鳴るんだ〜って。勝井さんのヴァイオリンだと浮きやすくなるようなのが、チェロだと浮つかなくて。その具合が全体的にぐっしりとあいまってて、こうなるんだ〜って知ったような。

4曲目のしっとりめの曲では、ななんと!!!キセル弟が愛用しているノコギリを使われていた。坂本さんは座ってたから基本的にふわふわもじゃもじゃアフロヘアーしか見えなかったのだけど、まず音色がそうで、それに弓の弾き方がそうだったから。弟よりもっとスーっと芯があるように鳴らしていたけど、幽霊っぽさに変わりはない。こんなのも使う人なんだ〜良い人かも〜と単純に思う。

そして多くの人が呆気に取られたのは次の曲だった。全体的にアグレッシブな曲だったのだが・・・・・・・・ととと突然超高速回転の機械音が聴こえてきた。そして次の瞬間ステージ上には火花が散っていた。。。
どうやら、チェロ自体を逆さまにして、支柱?みたいなあの細い銀製の先端に、
ドリルみたいな、超高速回転している明らかにこの場で使うべきではないブツを
ギイイイィィィィィィンギィィィィィィイィィィンと当てて、火花散らしまくりまくってた。もちろん音を出す方法として使われていたんだけど。明らかに周りの人も呆気に取られた空気が漂ってたのがおもしろかった(笑)んで結局みんなそれに心惹かれ奪われちゃうものなんだからなー(笑)あはー、すごすぎる変。

そして石塚さんの素晴らしいドラミングー。ぬおおおおぉ、なんとなくイサムさんを思い出すような。特に最後の曲の終わりのシンバルのゴオオォォォォォォォオォォォォっていうのが凄かった。と、全然知らなかったんだけど石塚さんて頭脳警察の人だったのか。

わー、かっこよかったー。終わった後も沢山客が叫んでた。

さてトリはMOST
しかし客が最初に比べたら随分減ったこと。見る分には楽々になって良かった良かった〜。でも周り男の人しかいなかったのにはあれ?!と思った。

うはー(笑)、やっぱり音が出た瞬間からザッバーンと波にのまれたよう。脳味噌よだれ、カッコイイイイイーーーーーーーーーーーーーーーうひゃーうひゃーうひゃー!!!(嬉しい喜び)あはー、もうカッコイイ(笑)

見てるだけで楽しいくらいやってる側も見てる側も大人気ないんだから。山本さん(久)が2曲目辺りでミチロウさんのように叫んでた、こわいよー。そしてこの後も髪の毛が大爆発してふるえるワカメ状態になってた〜。なんでこの人はあんな端っこで大暴れしてるんだろうか不思議でしょうがない(笑)それに釣られてなのか、下手側のが断然お客さんも暴れてたなー。精一さん側は人が詰まってて大人しめだった。そっちの前の方に行きたくなったけど、詰まってたから止めといたんだけど。
西村さんも叫びすぎですから。ベースがどんどんと縦になってってますよ。でも緑のニット某がカワ(・∀・)イイ!!
山本さん(精)はトラブルも無くわりと大人しめだったかな。結構客席に背向けて、茶谷さんとあわせるようにしてた場面が数回。
かなりちゃんと演奏してたと思う。でもやっぱこの人のMOSTでのギターさばき大好きだはー。嬉しすぎる〜。
茶谷さんは何故かとても若々しく見えて、あれあんなだったっけ〜??Phewさんだけちゃんと大人で、後ろの4人はなんてやんちゃなことか、あぁ。。(笑)そして相変わらずPhewさんは素敵ー、んはー。客とのやりとりの話がおもしろくって。
MOSTならではなんだろな〜。「年齢なんて関係無い」と言いつつ「でもほんとは疲れてるのよ」という。

ついでにほんとMOST好きなお客さんっておもしろいんだかなんだか、アンコールの時少し前に行ったんだけど、そこにいた前後くらいの人たちがーっ。前にいた人はおじさまってな感じなんだけど、MOST好きみたいで私と同じくらいノリノリで。
んでMOSTって片足でリズム取らずにいられなくって、ダ(ガ?)ンダンダンダンダンって、頭もだけど。そしたら明らかにその前のおじさまと、あと多分後ろにいた人も同じように同じリズムを取ってて。つまりそこの一帯で床がガツガツガツガツ振動してるの〜(笑)うわあ〜なんだこの一体感は〜世代超えてるよ〜(笑)っておもしろくてたまらない。うぅん気持ち分かるからなぁ(笑)違うとこ見ててもきっと他人なんだろうけど同じように頭動いてる人とかいるし。あぁパンクっておもしろい。

最後の最後まで客の飢えまくったような声が止まらなくて、すごー。帰りにRさんと、最近見てるのそんなのばっかだね〜と。ほんとMOSTほどカッコイイという言葉がピッタシなのはそうそうないよな〜と、思う。なぁんかときめくカッコイイ(よくわかんない)


前日のFACTORYの疲れがなっかなか取れきってなくて辛かったんだけど、どっちも人うじゃうじゃだったし、それでも最後のMOSTでくひゃひゃーで楽しかったー!大阪ででも早くみた〜い!お客さんが更に凄そうかも。

はい〜帰りは雨〜。よくある久しぶりの情景。久しぶりで懐かしかった。