液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

さよなら、小津先生

二時間スペシャルとして21時から放送されていたので見た。このドラマはたしか去年くらいに再放送されていたのをちらちら見た気がする。本放送の時はまるで興味も無かったのだが、再放送で見てみたら、なんだか悪くない。みたいな。まあそれでも特に期待も何もなかったんだけど。

んむー、今また違う局で田村正和はドラマやってるけど(夫婦。)、ああなんかやっぱりこの人はこの人だなぁと思ったり。いいなーとかそうゆうことじゃなくて、なんていうか。
まぁ結局、ドラマとしては良かったなぁと私は思った。まぁ二時間なところはしょうがないとして、小津先生のキャラが見れたから良かったな。薄い記憶ではゆーすけさんたまりあと瀬戸あさかとの三人の先生の絡みが好きだった気がするからそれがどうしても少ないのは残念だったけど。だって女の子かわいいし。かわいいかわいい。まぁ、まぁまぁよかった。最後のシーンの作り方は、キライじゃないな。


そういえば、もう一ヶ月前くらいになるかもしれないけど、TBSの水曜プレミア夜回り先生やってたな。これも見た。
この、人自体は知ってたけど、べつに本は読んだことなくて。だからドラマの作りは見てちょっと驚いて。なんでこんな編集の仕方してんだ?と。べつに悪くはなかったが。役者さんとかの演技は良かったし(名前忘れたっていうか知らないかも)、ああやっぱりこうゆう大人は必要って言うか、なんていうか、なんていうかな。うん、いいと思うんだけど、全体の繋ぎのようなものがアッサリしてて。なんでだろ?とフシギに思ってたのでした。
でもそれは本読んでなんか納得したかも。私はふつうにエッセイなかんじかと思ってたんだけど。違うかった。淡々と書かれていた。


明日は「海峡を渡るヴァイオリン」がドラマ化し放送される。これは原作があって、実在の人がモデルになっていて、更に今ビッグコミックで天上の弦というタイトルで山本おさむさんによって連載されています。私は、山本おさむさんの描く漫画(って言っていいの?よくわからんけど)がすごく好きで、天上の弦は特に大好きである。なんか、山本おさむさんの絵の喜怒哀楽はとても自分に繋がるような感じなのかな。すごく染み入ってくる。
それで現在もまだまだ連載中なわけで。原作読もうかどうしようか迷ったまま読んでない。それで、ドラマを見てしまうのもなー・・・。むー・・・。でもキャスト的に見てみたいんだよな。相川先生をおだぎりじょーがやるなんてな。。この人わりかし嫌いじゃないので興味ある。見ちゃう、見ちゃうとは思うけど。しかしビッグコミックではまだ菅野みほの役の人とか出てきてないしなぁ。。(´・ω・`)
まあでも、見ます。最近は単発ドラマ見るのがイイ!かも。