液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

TOKYO No.1 SOUL SET presents "STILL"

去年の同じくリキッドルームにて、来年はアルバム出すだフェスに出るだと言いながらも結局ライブは何も出ずに一年がやってきた。シングルは出したけれど。そんなマイペースっぷりに付き合おうと思わせてくれるのが、ソウルセット。待ってましたのほんとに一年ぶりのライブパフォーマンス!たしか一昨年のライジングサンの時で3年ぶりのライブと言っていたから、活動を休止してから数えれば5年目ということなんだなぁと思うと、なんかそれもそれで凄いなと思った。

今回はドリンクカウンター前のカウンター席にて。Rさんいつも感謝です。18時開場開演だったのだけれど、ソウルセットの演奏は21時からと。その間の3時間はDJが3人。うおー、低音がんがんに体内に響くと眠くなるよ。。ってことでまたカウンターでぐったり眠りつつ。20時過ぎくらいからは起きてて、あぁなんかこのDJの人はおもしろいなぁと思ってたんだけど、そっか、川辺さんだったのか・・・。そしてフロアは徐々に徐々に人が埋まっていく。当日券も一切無しとのことだし、待ちに待っているという人でいっぱいになってゆく。

そして、ほぼ21時ちょうどにソウルセットが始まる。俊美さんやBIKKEが出てくるとあがる歓声は、なんだかとてもあったかいもので、そうそう他でも聞けるようなものではないと感じたし、その中にいれることが嬉しかった。つづく・・・