液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

qyu2005-01-11

今年最初に行った展覧会は「植田正治:写真の作法〜僕たちはいつも植田正治が必要なんだ!〜 @東京都写真美術館」でした。しっかし写美はいつ行ってもスタッフさんの対応が良くて嬉しいな。チケットにスタンプ押すお姉さんの笑顔にドギギっとしてしまう。ふと、美術館に就職したいと思うならココが一番かなと思った。それくらい企画の良さなどあわせて好き。
植田正治氏の写真にまともに出会ったのも、去年の夏の写美にてだった。名前は前に聞いたことがあったけど、実際に写真を目の前にして実に惚れ惚れした。なんだか圧倒的なパワーが写真から発せられていてどうも魅力的だった。植田正治って凄い人なんだ。ということを知った。
その後、情熱大陸という番組で福山雅治が取り上げられた時に植田正治の話が出てきていて、ああ、あれ(福山雅治のCDジャケットなどの写真)撮ってるの、あの人だったんだ…ということになった。姉が福山雅治のCDなどを持っていたから、それで結構見たことがあった。そうかぁ…と思って、改めて見るそのジャケット写真などは、モノクロの中に熱や風が感じられるようなものだった。なんだかそれはそれでまた衝撃的だった。
そんなわけで今回の企画はとてもとても嬉しく。大好きになった。
絶対非演出の絶対スナップを掲げていた土門拳とも親交があったとは少し驚いたり。植田正治氏はその、カメラを意識せず撮ることこそ自然だ、ということこそ、カメラがあるのに視線をそらすことこそ不自然だという考えのもとにか視線のある写真が多い。アプローチは違えど姿勢は同じ、ってかぁ。うーん、かっこいいなあ。
しかし植田正治の写真は