液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

河野鷹思のグラフィック・デザイン―都会とユーモア@東京国立近代美術館

初めて名前を知ったのだけれど(デザイン分野などは特に特に特に知識も浅い)、亡くなられているとは言えとーっても素敵な人だ!と思った。
特に雑誌NIPPONの表紙や、魚モチーフの作品が気に入った。NIPPONのちょっとしたこじゃれた感じというか、目に入ると凄くビビビと来る感じ。とても素敵だと思った。また西武のメニュー?の表紙なんかもとても素敵〜。色も形も配置もどれもに思わずうっとり。大きなポスターたちもまた親しめる感じが抜群で、ぐわぐわがっつり拝見。
とても素敵な作品たち。痕跡展で多少疲れていた身体が、飛び跳ねた。