液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

qyu2005-04-27



ういい。久々にやってしまった。わざわざ足を伸ばしたスーパーでさえも、ブルガリアヨーグルトが安くなってなくて思わずムカっとかきて、スナック菓子一袋を購入。帰ってきて即完食してしまった。ダメだって分かってるんだけど止められない。一袋食べ終えないとダメ。食べ終えても、お腹の膜がめいいっぱいに張って苦しいだけの後悔感しか残らないんだけどなぁ。あぁしばらくずっと平気だと思っていたのに…。ピンッっと糸が切れてしまうとこうなってしまう。やってしまったことはしょうがない…ああぁ何やってんだろう…。まぁ、ここ数日前からそんな兆候はあったしなぁ。やはり気にしすぎな性質がよろしくないな。はああぁ(´・ω・`) まだまだ自分も全然だめだのぉ…。元々ヨーグルトのためだけに足を伸ばしたわけじゃないのに、なぜか簡単にムカっとしてしまった私はカルシウムとか足りないのかしら。
しかしとりあえず明後日からまた実家へ帰るのだ!!実家へ帰ってリフレッシュ計画。どうも最近おねむ気味。なんだかんだで慌しいままの毎日の繰り返しに加え、体調が上手くいかないで神経質になってしまっているのか、どーもどーもいまいちスッキリしない。お陰でここ2.3日は久しぶりに電気系統つけっぱなしのまま22時ごろ眠ってしまっている。悪循環にはまっていきそうな悪寒がする。それで本当は帰ろうかどうか迷っていて、というのも30日の土曜日も2日も通常通り授業がある。どちらも演習2限続きであるし、それはなるべく休みたくなかったから、帰るのはお金もかかるし断念かなぁ…と思っていたんだけど。2日の月曜の2限も3.4限も休みになった!偶然にも私はどちらもK先生で、先生に休みにしてください〜と頼もうと思っていたら先生から休みにしてくれるとのことが!!そして同時に母からも帰ってきなさい〜とのメールや電話がよくあったから、こりゃもう帰ってしまおうと。ROVOあるし。イヒ。
ってわけで明後日の10時の便でまたもや帰宅。つい4週間前帰ったのに…。生活改善目標では今年はあんまり帰らない目標なのに既に…。1週間いれるかな。3日は野音行きます!楽しみだわ〜い〜。多分ROVO見るの一年ぶりだな。ななな。そして今年行ってるライブで必ず芳垣さんがドラム叩いてる記録を順調に更新してゆく。流石にここで止まると思うけど。旅人もそういえば出るんだ!実に3年ぶり?!すごい。何してるんだろう。うわぁそうか3年ぶりかぁ。


火曜のK先生の授業はとても楽しい。スライドで見ていくため、部屋は真っ暗になり、お昼後の時間としてはとてつもない睡魔に襲われるのが難点だが。それでも瞼に逆らう。先生の話はとっても聞きやすい。昨日はエジプト文明の頃の絵を見た。そして象形文字ヒエログリフの話もあった。メトロポリタン美術館が出しているという小学生からを対象にしたとても素敵なヒエログリフを学べる本。なんとスタンプ付。素敵すぎる…。授業終了後、お手伝いで先生の荷物を研究室まで運んだ時にも見せてもらっていると、先生がヒエロフリフでこの授業の課題などを掲示板に貼り出そうかというので、とってもはしゃいでしまった。もちろんこの授業を受けている人には解説というか文字の読み方の書いてあるプリントを配布して、それで読み解くのである。だからもちろん他の大多数の関係ない人には解読できない暗号のようなものとして写る。うやー!楽しいおもしろい素敵。先生のそうゆう具合にピントを感じる。この本欲しいなぁ〜…

古代エジプト文字ヒエログリフであそぼう

古代エジプト文字ヒエログリフであそぼう

アマゾンから引用

ニューヨークのメトロポリタン美術館で企画されたこの作品は、現在、英語(アメリカ・イギリス)、フランス語(フランス・カナダ)、ドイツ語、イタリア語、スペイン語版と出版され、1990年の出版以来すでに74万部が、世界各地で販売されているユニークな遊びのセットです。


授業中などに、ふと、ぼうっとすると、従姉のことを考えている。私は未だに死んだということを受け入れられていないのだろうか。よくわからない。死というものを確実に目にしたはずだ。動かない固まった皮膚を見て触れたはずだ。そして骨になった彼女は、とても小さくなった。それを思い出すことは可能だ。なのに、それでも死んだということに対して浮ついた印象を持っている。誰だってこんなものだろうか。また今度皆で集まるときがあっても、彼女はいない。また今度あの家へ行っても彼女はいない。そして私はお線香をあげるのだ。いなくなった彼女に対して。明後日で一ヶ月になる。死を受け入れるって一体なんなんだろう。なんだろう、映像としてはギリギリのとこまで残っていくのに、身体としては残っていかないのだから。その違和感を違和感と感じない日など来るのだろうか。でも、それはそれで、なんだか。