液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

昨日のこと

金曜日の夜、ここを書き終わって19時頃、おもむろに激しい眠りに襲われうぅ〜んちょっと横になろうと布団に入った。それから目覚めると14日土曜日の朝6時だった。あまりにも久々にこんなことをしたので思わず驚いた。あぁ…。でもなんだかそれだけぐったり疲れてたのかなぁ。木曜日6kmマラニックしてドイツ語に苦戦して夜遅くまで喋って、金曜日はなぜか学校内を歩いて歩いて歩きまくって帰りのバスではぐったり疲れていたから。なんか私はやっぱり睡眠時間減らして何か頑張るとかはありえないのだろうか…。しょぼいです…。

そんな翌日の土曜日は授業がみっしり。あるけれど今日もさぼる。というのも、某美術館のボランティアスタッフとしてお手伝いへ。前回は授業を選んだので、今回が初お仕事。少しどきどきしながら向かった。相変わらずの晴天。うーん本当にいいところだなぁとしみじみ。式の時に少し仲良くなった女の子とちょうど入り口でバッタリ。あらぁ、運命を感じよう。このコは関西人だけあって関西人らしいサッパリとした明るさで礼儀正しくておもしろくて優しくて本当になんていいコなんだろうなぁと思わず憧れてしまうようだった。惚れる…。他にも皆さん他大の人たちで、とても新鮮だった〜。そのうえやはり美術や美術館の話がふつうにすらすら出来て嬉しかったな。学校の友達では中々、出来そうで出来なかったりする話だったり。お手伝いの仕事も少し緊張しながらも無事こなせて無事盛況に終わりよかった。なんというか、例えばアルバイトなどとはまた違った社会との関わり方を学べた。職員の方々も良い人ばかりだし、元々あの美術館が好きだったから、楽しいし嬉しかった。これからも授業さぼってもいいから参加したい。
それからちょこちょこ買い物して帰宅。少々の立ち仕事でやっぱり疲れたー。ってわけで湯船に入ってぐったり。うんでも少し和らいだかな。私は本を読むこともなく音楽を聴くこともなくただただ無なまま3.40分浸かっているのが好き。無ーーってかんじで、癒される。お湯と一体化出来るかなぁとか、出来たら海とも同化出来るかなぁとかいっつも考えるんだけど、結局それはどうなんだろう。ゆっくり浸っておなかの具合が相変わらずよろしくないのでキャベツとツナのコンソメスープを作って食べた。バターと醤油少しを入れて。うん、うまい。おなかというか、胃がずっと張ってて気持ち悪い。色々あって22時過ぎにはまたいつの間にか寝ていた…。あぁネットラジオ聞きたかったのにもう全然意識なかったんだろうなぁ…。