液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

qyu2005-05-29

今日はうっぷん晴らしに1人で出かけることにした。つっても行ってすぐ帰ってきて事務的だったけれど。さっき夕立が降った。思い切り沢山雨が降った後の夕方の空が好きだ。特に学校で見るのが好きだ。あの箱庭のように作り切り囲まれた中から見る空は、とても速くて誰も寄せ付けない。とても遠い空。ただ一つの側面。切り込まれた空のよう。本当はどこまでも続いているのに。

11時ごろ家を出発して阿倍野/天王寺へ。色んなものを探し求めて歩いた。それだけ。Loftへ行ってマークスアンドウェブの化粧水と石鹸を買った。初試し。あとずっと愛用している黒ペンも購入。買おうと思っていたガスールをうっかり買い忘れた。しかしHOOPって相変わらず上の二階以外あんまり人がいなくておもしろい。つうか気づかないうちにアニエス・ベーがグッチとかになってたよ。ますます変なの。その後Mioへ行って相変わらずスニーカー探し。買う気があるのかわからないけど。そして最近服への欲求が乏しい。それはそれで大丈夫なのかと少し心配になる。なんかどうでもいいっていうかめんどくさいっていうか結局1人じゃ決められない私。スイマーでお財布を購入。スイマーにしては珍しくかなりしっかりとした作りのもの。かわいい…。ってか多分初めてスイマーものを購入したと思う。あそこの店は狭くて嫌。若いコが沢山なんだもん。本来の目的だったお弁当は色んなとこで迷いまくり結局、100均でテキトーなの買えばいいやということにおさまる。お弁当への思い入れなんてそんなもんなのかぁ。近鉄の地下のパン屋さんで二つパンを購入。そして野菜も購入。そしてパンをホームで食べた。なんか楽しかった…。それで電車に乗って降りてジャスコ他で買い物して帰宅。それで16時前くらいだった。なんてことのないもの。そんな中で行き帰りの電車の中で本を読み進められて良かった。ふ…。野菜沢山買っちゃったなあ。



そういえば新撰組!が来年に特番になるとかって。うわあああ嬉しい楽しみだなあああ。またあの面子が見れるのかと思うと。うきうき。そういや山南さん役を演じていた堺まさとさんが、金曜に放送された空中ブランコに出演していたっけ。そして今出てるWithの蜷川みかの連載の対象になっていたなぁ。
空中ブランコは原作も読んだことないけど、思っていたよりもイマイチのりきれなかった。連ドラだったらおもしろくなりそうだけど、どうも2時間の中では色々が表現しきれてないような感じで、おもしろいっちゃおもしろいんだけど、仕切りがへんてこりんみたいだった。
Withの蜷川みかの連載はおもしろいな。特別この人の写真に何か意識したことなかったけど、この連載で6ページくらい世界作られちゃったらやばいなーと思った。載る男性人皆魅力的に見える。



さてこれから明日の授業のレポートのための文章を読まねば。まだ一回しか読み通していないという最悪な状態。何やってんだか〜。つうかこの文章難しいよう。しかも何書けばいいのかイマイチ分からん。でも先生曰く、やっぱり文章を書く、人に伝えるっていうことはこれから卒研の時に絶対必要になることだからって。そして皆それが出来てないらしいんだよね…。まぁ難しそうだよなぁ。私は説明する言葉は凄く苦手だから、先が思いやられる。

ってわけで湯船に浸かりながらガスールパックしながら読んだ。うぅむなんとか出来るかな…。事前にメモなど作って持ち込みOKなのでこれから部分的に要約していき、そして自分のものも取り組んでいけばいいのか?なんかほんとこうゆう文章の書き方って備え付けないとだめだなぁと思う。1回の時の文章表現法のこととかきっと既に忘れてるんだ。私にとって一番表現しやすい方法って今のところきっと言葉だ。多分。一応今はそう思う。けれどそれはとても狭い自分の世界だけでしか表現出来ないもののように思う。だから、うーん…どうしたらいいんだろう。とにかくテストレポートは明日の午前中だ。



昨日高野寛さんのblogで音を聴いたら、むしょうに高野さんの音楽が聴きたくなってcueを聴いている。高野さんの曲に魅せられる理由の一つとして、明確でいて流れるような詞の存在は大きい。そして思うに、詞で書かれる人物に違和感なく自分を重ねられる。自分と同じ気持ちだ、ってことではなくて。これは初恋の嵐も同じ感じだけど。歌詞の意味の流れとか全てべつに自分の状況とか体験とかカブるってことは全くないんだけど、それらを何故か自分に置きかえれるというか。自分をそこに置ける。つまりそれだけ曲にすっと入り込める感じ。そしてそれは変なロマンチックさとかはなくて。世間一般に流れてる歌の詞に出てくる例えば僕や私などにとても傍観者的目線で見てしまうとすれば、そことは正反対の具合。共感っていうのではなくて、シロップや七尾旅人とかとも違う。詞だけじゃなくて曲の良さや声の良さもそこには関係してくるのかなぁとも思うけど。とりあえず、中々他ではありえない人ってこと。まぁ相変わらず全然歌詞カードも見ないわけだけど。そうだからこそ。