液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

qyu2005-08-05


あぁ…見ようと思っていたのに…タモさんとこっこの数年ぶりの絡みを…。しょんぼり。どんなトークしたんだろう〜。こっこが最後に出演したMステの時のタモさんは神的だったよなぁ。あれ忘れられない。しんがーそんがーいいよな!7月後半朝とか夜とかよくよくFM802聞いてたりしたもんだから、よく流れてて。いいなぁ。つうかラジオってすごいと思った。


そんなこんなで今日もとてつもなく暑かったー。陽射しが痛々しい。いたい。なんかこんなに痛烈に感じるものだったっけ、陽射しって。そんな中、今日はバイト初出勤。昨日面接に行って、早速今日から開始。
仕事は鰻屋さんでの洗い場。11時から15時で時給900円。夏休み中、ほぼ毎日入ってもいいよな感じの状態…。さ、さすがにいくらなんでも連日はきついから週に1回は休みをもらおう…。なんせ腰がいたい。普段の家の洗い物でも量が多いときは軽く腰痛くなるんだから、そりゃあくるわ。初日だからか凄く肩もこっちゃった。ゴリゴリ。
厨房ってことで周りは皆さん男の人ばかり。こんな状況が凄く楽。思わず3年前くらいにやった郵便局でのバイトを思い出す。男40人くらいの女3人くらいでの外務。つっても自転車乗って郵便物を配る個人作業だったけど。でも、職員の人も男の人ばっかりだったし。あの時の状況と凄く近いものを覚えた。内務の女の子の集団たちは見てるだけでも嫌だったなぁ〜。なつかしい。うーん、なんかやっぱりこうゆう職場が自分にはやりやすいのか…。
思うに、どうしても女の人がいると、昔ながらの気にしすぎ性分が猛烈に増殖してしまう。はぁ…なんかこうやって結局過去を遡ってそこに原因があるんかなぁと思うとそれだけで溜息出ちゃうな。大学とか狭い範囲でなら、人にどう思われようと思うおうとかなりバッサリとさばさば考えられるのに。ちょっと外に出ると、自分がどう思われているのかというか、自分は完璧嫌われているんじゃないかっていう考えに深く陥ってしまう癖がある。なんか、ううーん、話してもらちがあかない話だな。
しかし男の人ばかりだと全然そうゆうこと考えないで済む。こんなんでちゃんと社会に出て働けるのかと心配にもなっちゃうけど、とりあえず今はこうなんだから、出来る限りのことでやれればいいのかな。しかも皆さん良い感じの人ばかりでほっ。年上の人たちばかりだと更にやりやすい・・・なんて、あまちゃんすぎるかしら。仕事内容もそんなに大変なことはないし、時間的にもかなりちょうどよいので嬉しいな。朝は朝、夜は夜で家のことが出来るから。
だが、レポートというものがそれなりにあることを忘れてはならない。しかも結構一筋縄じゃいかないややこしいものなのだし。本も読まなきゃだし。つっか行きたい展覧会も沢山あるのに。果たしてどれくらい行けるかな。っていうか予定見たり組んだりするのがめんどくさいー。美術館のサイト見て回るのも、もっと楽にならないもんかな。ぐはー。とりあえず明日もバイト。なんかほんとに毎日バイト入ることになるのかな・・・・・