液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

鉄男?TETSUO THE IRON MAN? [DVD]

鉄男?TETSUO THE IRON MAN? [DVD]

元々そんなに映画ってもんを見ていないし、ホラー映画とかなんてもちろん見ない。そうゆう系は好きじゃないから。そんな私には今まで生きてきた中で最も恐怖を感じさせたこの映画。鉄男。塚本晋也の一般公開映画第1作。たしか89年ごろ製作されたもので、ローマ国際ファンタスティック映画祭でグランプリを受賞。また、主演の田口トモロヲもこれでインディーズムービーには欠かせない存在になったとか。前々からずっと見てみたいと思っていたら、ほうら、学校図書館に入ってる。
サイバーパンクという、科学技術と社会の融合を描く、SFのサブジャンル。という単語が塚本晋也の言葉からも出ていたが、そんな単語自体初めて知った私からすると、ははぁ、こうゆうものを言うのかあああ・・・とあっけに取られるような状態。こわい、という単語でこの映画の感想を表すのは不適切かもしれない。だが本当に私には怖かった・・・。恐怖にも色々種類があるけどさ。
しかし同時に目は離せない。迫り来る出来事からは避けられない。怖いのは前半までで、後半になるともう笑えてくる。話の中身だけでなくて、時間をかなりかけて撮られたと思われる手法にはなにか愛着すら沸き起こる。おもしろすぎる。すっげえ!!!
なんか益々塚本晋也の世界に興味を持った。好きだ。しかしヴィタールを見て、鉄男を見て、という過程でいくと。ふむふむ、これはこれでまた興味深い対象である。この人を追っていく形として。しかしあれだ、日本でももっと有名でもよさそうなのになぁ。そうゆうものか。
見る人それぞれがそんな感想を抱くのかという点に興味をそそられるということで、おすすめ映画。なんか見てから日が結構経ってしまったため感想が薄いな。