液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

覆われろ

qyu2005-12-07

色々な生を知れば知るたび、えりちゃんの死んだことを思い浮かべてしまう。自然と。それは、いまだに自分が彼女の死を理解出来ていないからだろうか。そもそもそれ自体よくわからないのだが。死の状況とはどんなものか。
今日のI先生の授業がすんごく面白くって、思わず一日中聞いていたいと思った。帰りの学校の空は青空と夕日が見事に同じ画面の中にあってショッキングなものだった。すんごく素敵だった。



最近ずっと毎日慌しいようでいて、それでも毎日お風呂の時間は一時間あって乱歩を相変わらず読み続けている。こんなに世界に没頭出来るのは初めてだ。しかし2週間の借りている期間中に一冊全て読み終えることすら中々難しい。全部読みきれず。冬休み借りていこうかなあ。とりあえず今のところ特に好きな作品は蜘蛛男、蟲の2作品が強い。なんか最近ああそうかやっぱり自分ってこうゆうのが好きなんだなっていうのがよくわかってきた。べつに自分でそうゆう世界を作り上げようとかは全然思わないと思うのだけど、そうゆう世界を見ること触れることがやけに好きなのだな。なんでだろう。シュバンクマイエルにしても鉄男にしても乱歩にしても他多数。しかしそうやって色んなジャンルの自分の好きなものなどをあげていったら、ああなんか少し気色悪いようなかんじになってしまうのではないか。
今日の帰りに幾つかの授業が同じで、同じグループで制作している男の子と帰り一緒になったので音楽話をしていて、「うわーこわいわ。濃い。話出来る友達とかおらんかったんとちゃうん?」とかなんとか言われて少々面食らった。そうゆう風に言われたの初めてだったから。ああそうか、そうゆう風にとられたりするのか。ちなみにそれは今週末の9th FBIの話をしていて、山本(精)さんの話をしていて、MOSTが大好き(って言ったら軽く少し引かれたような気がしたよ。まぁ驚きということに思っておこう)、芳垣さんが大好きという話をして、デートコースは?などという話をした流れから。むーん私が特に今の音楽の世界に入っていくようになったのは同時に高校行かなくなった頃で、友達はなんかべつに最初からいなかったわけだしな…。だからなんか彼の質問は新鮮だった。まあたしかに、あのまま高校入ってても話出来る友達はいなかったかも。そして今もそんなにいないし…。そう考えると、RさんやKさんに出会えてるのはやっぱり面白いことだなと思った。なんか、モサムからデートコースなどまで大体なんでも話が通じる人って、中々いるようでいなかったりするもんだから。私の芳垣さん熱狂の話とか。
しかし彼はNくん並に1個上のかんじがしない。彼は美形で(じゃにーずみたいな感じではないけれど)雰囲気あってまともに良い人で頭良さそうで、なんか思わずうらやましい。自分が男だったらもっとねたましく思うんじゃないかって思う。私は男の子になりたい。今だ今。生まれ変わったらとかべつにそんなの知ったこっちゃないし。


慌しい毎日の中で、先へ先へのことについてよく考える。昨日は卒業研究の提出日ということで、廊下には沢山4回生がいた。知らない顔ばかりだったから、きっとそうであった。先生たちも忙しそうだった。なんか異様なムードで、全然関係ないことなのに、思わずうきうきするような気持ちになった。自分は2年後そこにいるんだろうか。
どの先生のゼミを取るかについてはずっと前から頭を悩ましている。お目当ての先生がいなくなってしまったことにより、より一層悩んでいる。では、自分は一体どのようなことをしたいのか。それは変わっていくことも見据えたうえで、とりあえず。ずっと色々と考えてる。
それで少し浮かんできたりしている。まだとてもとてもアバウトなものだけど。でもなんかこうやって色んなものの見方、考え方を思いめぐらせるようになったのは、色んな先生の授業を受けているお陰だと思う。そうゆう中で、どこに自分のものの見方を発見してどう問い詰めるか?うーんまだぜんぜんわからないけど。わかんないけどとりあえず今は自分の中身を見つめなおしていってみようかと思うところ。



今日は具沢山トマトスープ。白菜、長ネギ、玉葱、人参、大豆、あさり。それにさつまいもと鶏肉の煮物。一昨日は里芋カレーとチャパティを作った。チャパティはフライパンでわりと手軽に作れるのだ。めちゃウマー。土曜日はもの派展を見に行き、そしてついにブランジュリ タケウチに行っちゃった。かんどう。そんな話はまた今度。明日も…あぁややこしそうな一日だなぁ…。CDラジカセ壊れたぽ。