液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]

教室の大きなスクリーン、音響で見るのはやっぱりいい。とにかく音楽がかっこいい。声がいいし、歌詞がいいし、曲もいい。楽曲にあわせて流れるアニメーションもいい。いかにもアメリカーーな色使いの派手派手な衣装や美術セットもいい。
フラッシュバックみたいな感じで映像がパンパンパーンと素早く切り替わっていくものは好きか嫌いかどちらかになってしまうものだけど、これでは結構好きだった。なんか全体的にテンポ良く進むのでそれが見やすくて、また楽しさがふんだんに溢れていた。
歌を歌う人の強さは私には分かりきらない。けれど歌をどうしたって歌う人の強さは一体どれだけのものがそこに秘められているのだろうかと想像させられることとなる。他人にはわからなくたって歌う人の強さが全身から溢れまくっていたら、もうそれだけで私の心はうばわれる。
なんかもう話がおもしろい。そして切ない。ヘドウィグの全てが人間だ。