液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

危機

危機

久々にこうゆう一枚と出会ったなぁと思う。毎日毎日いつ何時、どんなときのどんな気分のときにでもピタっとはまってくれる。常に自分に添ってくれる。気持ちが乱れていたら、何も考えずにいたら、しにたくなったら、うれしくなったら、どんな自分にもそのままの自分でいさせてくれて、それに向きあえれて邪魔をすることもない。そうゆう音楽は、そうたくさんはない。だからこれはすごく素晴らしい一枚だなぁと思う。ずーーーっといくら年をとっても聴いているんじゃないかなぁと思う。
音の展開がとっても素晴らしいなと思う。こんなにテンポよく絶妙にころころと、パタパタと切り替わって流れて絡まっていくことができるんだなぁ。いやーすごい。