液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

a sweet Ⅱ



しばらく間があいてしまった。その間に大学生活最後の浴衣週間は終わったし、Tさんに吐かれた言葉にはもう諦めの対応をすることにし、無事(?)ゼミプチ合宿もやったし、そして普通の会話の流れで告白されたし、大好きな先輩たちと久しぶりに会えて嬉しかったし、制作はもうずっと行き詰ったままでどうしようもなくて、それでも考えて返事として付き合うことになって、携帯を紛失して結局色んな人に迷惑かけて、国立国際にゼミの先生の先生の上映会を見に行って、セールでワンピースを購入して、そしたら突然母が来て、一緒にオープンキャンパスに行って先生や友達や副手さんにも会って夜はあべので食べて、今日はお昼に梅田のやまもとに行き、少しぶらぶらして見送り、靴下屋とSUPER HAKKAで買い物をして、帰宅。よくよく汗をかいた。

しかしまさか今のこの時期に彼氏が出来るとは思わなかった。多分今でもお互いに彼氏彼女の感覚というか、意識とか、薄いと思うんだけど。もとがずっと友達友達と言っていたしなぁ。うーん、よくわからんが、それでいいか。そう思って、付き合うっていう形をとることにしたのだから。



もっと本を読んでもっと考えてもっと勉強しろ。