液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

携帯から

今日は研修一日目。いやはやさすが私、いくつになっても当日なにやらかしてしまうか予測不能。いやでも今回ばかしは大丈夫、へいきくらいに思ってたがやっぱりだめだったなあ。やっぱり前日までに無意識下でいろんなものたまってたのだ。いつも思うけどそれはあとから思うと明らかに意識にわかってたような、自覚できててよかったんじゃないか、実はわかってたんじゃないかって思うけど、何度もおなじこと繰り返すらしく、やはり事が起こらないとそれを認識できない。そういった自分のなかのだましあいみたいなの、意識と無意識が互いにらせん階段上がりながらフェンシングさながらじりじり格闘してるようなのって、奇妙というかなんというか。きたないわーじぶん、と思う。のうみそきたない。どうゆう働きしてるんよ、と問い詰めたい。聞いてもわからないだろうけど。
あとは、昔からそうだけど些細な事でそれが少しそこなわれるだけで、すべてが崩壊するような、世界のおわりのような目眩ましにあってっばーんと全部ぶちこわしにしてしまう傾向が、やあっぱりあるんだなあ。今回はそれが姉がつけたスーツのしつこいしみだったのだ。特に今回は前日まであれもこれも完璧にこなして全部ぬかりなくやりつくすことに使命感もってたりしたから、そこに邪魔が入ると対応できなくなるのだな。ついぞ私は久しぶりにどかーんときれてしまった。制御不能状態へと、いってしまう。私だけど、もはや脳のどこかなにか成分がぷしゅーっと穴でもあいちゃってぬけちゃって行動する感じる私は阻害されてしまって完全に脳のどっかにのっとり支配者がいてレバーとかでぎーぎー動かされてるような、得体のしれない私に化す。頭から酸素なくなる感じなんだなこういうのはいつも。まあでもそれが家出るまでまだ時間あったからよかった。準備もできてたし。冷静を取り戻すもまた錯乱を繰り返す。化粧なんとか死守、母の手によりなんとか家を出れた。集合時間にも間に合い、なんとか一日目こなす。
しかしここ一年くらいずっとある、緊張するとでてくる激しい頭痛につらかった。いたくていたくて頭が割れそうなほどで、しかも吐き気もでてきて、帰っても何も手に付かず。母が早く帰ってきてくれたのでごはんもおふろもごくらく〜。
ヴィンセントかけて先週の木曜の心地を思い起こしてよるねむる。