液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

携帯から

今日は突然、同じグループの四人と研修後飲みに行くことに。私はほんとかどうかよくわからずてきとーに答えてたんだけど、なんかまあ面白そうかなと思って慣れないことをしてみた。すでにある程度仲良くなってたメンバーとはいえ、やっぱりいつもの大勢の場所から抜け出してたった五人で小さなとこで向き合って喋るのではいろいろ変わる。しかしなんだかいっぺんにはしょりながら色んなこと話して疲れたなぁ。でも一気にすっと話が通じる人もいて、でもそれも特別じゃないというか、二十歳すぎた人は誰だって大概なんかしら背負って生きていて、みんなそれぞれ覆い隠しながらたたかいながら平気な顔して生きてるんだよなあてことで、まあそれでも特に共有できるものがあるとなんかどうしようもない気持ちになるなあと感じたり。最後になんかたくさん助言をもらって、わかっちゃいるけど変えるのはむずかしいなあと改めて思う。私かたいなー。どうなんだろう、この私の否定系の考え方って変えられるものなのかな。変えるものなのかな。わかんない。でも、私のような気
もする。とりあえずもうねる25:32