液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない


なんかそんなにぜんぜん書くこともないような気がするけれど書いておかないともったいないみたいな気分なのでなにか書くのがいいんじゃないかしら。

やはり思うに最近の生理前の落ち込み気分がすごい。生理前のせいだとはわかっていてもどうにもならない。つらい。すべてが陰鬱に。そうだ、金曜日も授業中にきついことを先生に言われて泣いたんだった。いつもなら流せるのになにをやってもだめな自分がフューチャーされていたときだったから、もう頭が真っ白になって涙ぼろぼろした。あほやあほやと思いながら。泣くのは疲れるのである。皮膚は乾くのである。夜はろぼだってのに。午後には頭痛もしたけれど、ろぼなのでがんばる。まあろぼで全部忘れてたけど。今はもう平気。


来週はもうモーサムだ。はやいな。なんか、どうゆうペースでライブ見に行けばいいのかよくわかんない的なかんじだ。わわ。来月のコンドルのろぼも気になる。二月は水戸芸に行きたい。はやくお金をちゃんと稼ぐ身にならねばならない。はがはが。しかしようやっとモサムの一番新しいアルバムをレンタルしてきたのであった。買おうかなと悩んではやくもライブが近づいていたのでびくっ。おお、これはまたなんだかにおいが違うんだな!しかしやはりこないだのライブのにおいとおなじだな。あたりまえか。

昨日は先週まで録画し続けておいた再放送ドラマの花輪家の姉妹の最終回を見て、田中哲司がやっぱりよかった。観月ありさと横にならんでも身長あるからバランスとれててかっこいいのがよかった。独身男役が多いと思うので、子持ちの役は新鮮だな。舞台を見てからは、テレビであっても生声が聞こえてきそうな感じがするというか、生で聞いた声が蘇ってきて臨場感があがってくるふしぎがある。ああやっぱりいいね田中哲司!今まではそれなりにほどよいキョリのファン具合だったのが、やはり、浮標で変わってしまったのが今年の特徴なかんじ。

ひとまず今朝思いついたことは以上だ。