液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

なんやか急にその場に座り込んで泣きたいような気分の朝。いろんなことが無価値に思えてくる。いつも見るサイトも鞄に入れている本もあれもこれも。自分の体が。

2ヶ月になるのでと、上司と簡単に話をした。私が一番プレッシャーのように感じているのはおきゃくさんとのつき合いみたいなことなんだろうなあ。今までそれなりに人づき合いはして生きてきたわけだけどそれはそのつき合い、関係にしばられることはなかったし、つきあいたくなかったらつきあわないですむようなものだった。だからなんかそれを常によい関係を築いておくみたいな、気に入られるみたいな、意識的にそういるというのは先に言われてしまうとなんだかいやだなと思う。私にちゃんとできるかなと思う。私そんなものになれるかな、もってるかなと不安が先行する。ああいやだなあ、このもやもやするかんじ。むかむかする。いつもの体調のせいかな。はやく遠くへいきたい。宇宙みたいな。まあふつうにやってれば大丈夫なのかもしらんけど、やだなあやだなあの気持ちが今はわきさかる。人に好かれるとか苦手だ。まあべつにむりにやるわけでもないし、まあいいか…、好かれないならないでしょうがない、しらんことにしてしまえ。

はああ気分がおちこむ。しねしねと自分に槍をなげたい気分だ。