液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

前回書いた時から10日ほどだが、その間いつの間にかあっという間にモヤモヤしていたものが晴れてしまう。なんてあっさり。もう惑わされないぞ!と思う。今度あったら君は最低だからと言おう。一度死んだ方がいい。

 

 

姉が流産したのだと母から聞いた。妊娠したかもと思って病院に行ってわかったらしい。それをメールで知って、私は流産することもない、できないんだなという思いが胸をぎゅうぎゅうにしめつけ口や目から何か出そうになった。自分にそれは訪れない、それは自分の決めつけであり、それでいて決めつけだからとあるかもしれない可能性を見ることももう無残でしかなく、決めつけは自然と率直な事実として私の中を占めている。

自分はなにかを得られないのだ、という自分の欠陥がこわいのだろうか、と思う。今までにもいくつもいくつも100はゆうに超えるだろう自分に得られない何か、得られない欠陥をする自分を見てきた。子供を持てないことに対してもそれは同じだと思う。別に世間や家族からのプレッシャーとか視線とかは関係ないように思う。そもそも社会とそんな接点してないのでそうゆうものからは割と一般よりは解放されてしまっている気がするし。ただ、自分も持ってみたかったと思ったことがある以上、それはそもそも自分には成立し得ない、相手もいないという前提が成立していない以上、叶わないことなんだなあと思うと、なぜか、苦しく悲しくなる。

生理前で気分が揺らぎぎみだからかな、とか何でもかんでも生理の影響下によるものとほおることもできる。最近の生理前の症状はひどくて、まるで自分の体が生ゴミのくず入れみたいな感じだ。全身のだるさ、立っているのもしんどい、仕事なんてもってのほかの異様なねむさ、全身のかゆみ、背中や胸のあたりにできるニキビ、便秘がち、球体の上に板をのっけたその上にぐらぐらバランスを取ろうとしながら乗っているみたいな体のうわつき、など。自分の体が自分のものでなくなっていく。コントロールがない。なのでなるべく切断する。