液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

日記として書けそうなことはちらほらある気がするのだけど、身体がすぐにベッドに入り眠りにつこうとしている。でも少し暖かくなってきたのだし、少しは抜け出ることを覚えてもいいのでは。しかしすでにキーボードを打つ手がだるいな。最近隣の部屋の人がやけに静かでこわいくらいだ。騒々しい人であったはずだ。西日が入り込んで帰宅した時の部屋が暖かくなっているので対策をしたい。

 

自分が気になっていることはある程度共通しているのかもしれないな、と思った。しかし、それをうまく言葉を使って説明することができない。言葉がまずわからない、言葉の使い方がわからない。どのように説明されうるものなのか、わからないのだ。

ただ、自分のこころというこれ、身体、脳、といった各器官についての疑問があるということだ。私にとってそれらはバラバラだ。そのバラバラさはしかしこの一つのまとまりの中でのバラバラだ。だから、戸惑うし不思議に思う。自分の中で一体何が起こっているのか?

でもそういった問いは決して科学的に解き明かされる現象の真実として知りたいってことじゃあない。たとえいくら実際の働きや機能として説明されても納得するということはないんだろう。いや少しはするか。したとして、それで満足できるのか。

自分にとっての泣くということ、涙を落とすということ、それは世間一般で捉えられている一切合切とは全く違うものとして、現象として扱うということが大学の卒業研究でやりたかったことだろう。要はそれと同じようなことがまた同じように私は疑問に思うのだ。

それついてはツイッターに書いたが、まとまりのないものだ。そして、書いてみるとほんとくだらないことをわざわざ疑問に思っているものだと、虚しくもなる。自分の頭が浅はかで、悪くて、つらくかなしくなる。そういったしょうもないことに疑問を感じて消費していく人生なのだろう。なにも残らなくて良いのかもしれないが。ああ眠い。疲れた。もう33歳だという。そりゃこりゃ疲れるというものか。雨宮まみさんの女子を拗らせてを読んだ。