液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

f:id:qyu:20190619000541j:image

また体調が悪い。体調というか、お尻が痛いというか、お尻に鉛が仕込まれてるかのようなおもだるさがあってそれが邪魔でしんどい。

朝、目が覚めたときからやけに超がつくほどだるかったのでなんか変だとは思った。あさいさんは現場だったのでひとりでつくりものをしなければいけなかったが、しんどいのでひとまず横になったものの回復しない。午後にもまた横になるがいまいち。だらだらとなんとかやらなきゃいけない最低ラインまでは終わらす。早めにあがることにして花屋に寄ったら花が沢山あって癒される。花屋は混雑していた。

家に着く頃にはお尻から腰がはっきり痛い。まだ生理じゃないのに変だなあと思いながらなんとか夕飯をつくり、食べるとお風呂になんて入れないわこりゃもうだめ、という状態になってしまい爆睡。起きたら夜中の3時だった。

ここで、ほぼ生まれてこのかた夢を見ない、夢を覚えていない私がかなりはっきりと覚えていることができた夢を見た。変な時間だったせいか、いつもなら覚えてても瞬時に忘れるのに忘れられていない。

私と両親でかなり古そうな1Kほどのアパートに引っ越してきたらしい。1階のように思われる。キッチンと、引き戸で仕切られた畳の部屋。私が引き戸をあけてキッチンに行こうとすると床にうんこが落ちている。猫などにしてはあきらかにでかい立派さ。窓が全開になっていたので、私はそこから何者かが侵入してうんこしていったのだと思う。部屋にいる両親に窓開けてるからだよ、といったことを言う。なぜか平気で軽くうんこを踏む。そして全開のキッチンの窓の向こうからなにか勧誘みたいな男の人の声がする。いや結構ですなどとはっきり断る。するとその人は玄関の方にまわってドアをガチャガチャとしたあと天気予報を大声で読み上げ始める。迷惑ですやめてくださいなどと言うがやめず、勢いでドアを開けてしまうと向こうから押しやられ白人ぽい外国人の男性に銃をお腹のあたりに突きつけられた。その銃の重たさや冷たさや色、光を受けたテカリ、などに気を失いそうなほどの感覚をさらわれてはっとして目覚めてしまったらしい。やけにその銃のリアルさが印象的で、夢ってこんなにこわいものだったのか、と白々しく思ったりした。