液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

雨がー、と思う。駅まで徒歩か、自転車か、買い物したいから自転車が良いけど雨がー。よし止んだ!と思って自転車で出るも途中で早々に降り出す。傘をさして自転車をこぐなんて、一体いつの間にできるようになったんだっけと思う。

表参道のakio nagasawa galleryでリン・チーペン(林志鹏)aka No.223の展示を見る。彼の写真集を出版するT&M projectのツイートで知り、見てみたかった。レン・ハンと似てるのかなと思ったけど、でもそりゃあ違うよねとも思う。実際に見たら、すごく明るくて楽しくて気持ちの良い写真たちだった。うわあーと気持も高揚して写真集を買う。しかし展示で特に好きだなと思っていた写真数枚は必ずしも写真集には入っていなかったのでショック。まあ写真撮ってたけど。なんだろうなー、あるべきとされるような性別に括られてない感じや色んな体があり、それらは皆それぞれに個の自由がある気がした。どんなおっぱいもお尻も唇も目も性器も、エロではなく個人の体そのものとしてはっきりとしていた。羨ましいなと思った。しかし布団やカーテンやカーペットなど、花柄のものが多く写っているが中国ってこんな感じが一般的なのかな。柄と柄のあわさりがかっこいい。男の人が横たわってて鳥が飛んでる写真がアピチャッポンと思ったりとか、花にフラッシュが当たって発光してるような写真が誰か、川内倫子か誰かで似たようなの見たことあるような、とか、そうゆう近いイメージの類似にゆるやかな心地よい波を感じた。

f:id:qyu:20190623225432j:plain

f:id:qyu:20190623225524j:plain


www.akionagasawa.com

 

そのあとスパイラルでマリメッコのテキスタイルデザイナーとしても活躍した石本藤雄さんの展示を見た。森に見立てたというファブリックの展示を、七夕みたいだねー、仙台のねー、と会話している人たちがいて確かに!と思ってからそっちの方が有力。

www.spiral.co.jp

 

それからイメージフォーラムへ。私はシュリンゲンジーフに惚れてしまいそうなんだなと思う。ヨーゼフボイスの映画を見そびれたわけだが、シュリンゲンジーフ見れるからまあいいか、いや良くないか。