液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

f:id:qyu:20190624235420j:image
f:id:qyu:20190624235306j:image

また朝起きた時から異様な体の重さ。昨日は1日家にいて休んだのに、なぜだ、そんなに仕事が嫌なのか、私もすっかりそんな人間てものになってしまっていたんだなとかなんとか、でもまあ今日は今週は休めないよなあってのもあって雨靴履いて家を出る。だるいのに歩いて電車乗って会社行って、それだけでほんとえらいと思う。誰もそんなこと言ってくれないけど、自分でつくづくそう思う。そう思うことが自分への励まし、後押し、むりやりにでも。

会社に着くも体は油をさすべきといった状態でぎしぎし。ひどいなこりゃあと思いつつ午前にこれだけはやらねばというものをやる。やろうとするも、いつもと同じようには進まないどろどろ。アクリルの定規がやけに動いてしまい、なんでこんなに動くんだ、表裏がいつもと逆なのか?と思うもそんなことはあまり関係しないはずだ。道具をつい疑ってしまったが、これは体調が悪くていつもより定規をおさえる力が入ってないというだけだった。そんなことにも気づけないのが愚かしい。

お昼にホットココア飲んだりして体をなんとか取り戻そうとするも、いまいち効果はうすい。少し作業してはすぐにしんどく立っていられない。夜中仕事だったあさいさんが出勤してくる。なんとか平気を取り繕うももう体がピーク状態、椅子に座ったまま突っ伏す。呼吸が少し早くなってるし、体のあちこちが痛い。とにかくつらいしんどい。もう無理と思ってマットをひいてうつ伏せに寝た。そのまま2時間くらい寝てた。しかも機械だなんださんざん動かしている中まるで目覚めもせず起こされたのだ。普段だったらこんなことは絶対ない。どこででも寝れるのはあるけど、いつもは15分くらいで目が覚める。今月のはじめにあった症状と似ている。今日のは雨の天気のせいなのかなと最初思っていたけど、どうなんだろう。起きても結局だるく、力が入らない。30代、こんなにつらいことばかりなのか。この先が思いやられる。仕事もろくにできやしないのかと思うと萎える。役に立たない体が、もったいない。もっと楽に仕事がしたいのに、つらいばかりになってしまう。

 

蒸し鶏づくりにずっとはまってる。毎日食べたい。自民党の人々の喋りを聞くのはうんざり。サマセットモームの英国諜報員アシェンデンを読み始める。