液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

今日も会社でひとり、仕事はひま。湿気がすごくある。上下ともに麻の服を着てきた。暑いときは麻の服を着ていればまだ不快感が下がる気がする。綿は圧迫感がありつらくなる。アマゾンで散歩する侵略者を見終える。岸辺の旅を思い出す感じがある。夫婦ものだからか、それもあるし、それだけでなく。面白く、興味深いけど、でもその面白さを言語化するのはむずかしいなと感じる。自分でもよく意味のわからない不可解な面白さだから。

夜はOGRE YOU ASSHOLE@wwwXのワンマンを見る。4月のUNITの時にやった新曲がまた聞けるだろうと思っていたし、その流れでいけば年内に新譜出すのかな?とは思っていたが思っていたよりも早い9月頭に新譜発売、それに伴いツアーをするとの発表があった。先行で東京公演のチケット発売が終演後にあったので並んでいたのだが、一応カレンダーで何も予定はなかったよな?と確認すると、あれ?もしかして?と思って急いで母に電話。ハワイに連れていかれるのはいつからいつまでだっけ?の確認をすると、なんと、帰国日がライブの日だった、しかも成田着が16時半とな。チラシに開演時間は書いてなかったが、祝日なので18時開演だろう、となると流石にキビシイな、飛行機到着だって絶対遅れるし、、と思って電話を切り、列から離脱。動物的/人間的のアナログ盤を買って帰る。帰りの電車で座れず、ずっとアナログ盤を腕に抱えて帰るのが、大したことないだろと思っていたよりは断然持ちづらさにより疲れた。うーん、しかし、松本公演行くしかないかな。名古屋は平日だし、大阪は流石に遠いような。

今回はわりと前の方で見た。5列目くらい?Xにくるの少し久しぶりになったかも。前にここでオウガを見たのって、そういえば、downyとの対バンだったな。裕さんがいる最後のライブになった。下弦の月をやった。その時も同じあたりから見てたかもなあそういえば。などなどなどと思い出した。

 

UNITとXの音の聞こえの違いはあるだろう。しかし例えばUNITの時にかなりディープでどろっとした感じがあった新曲の2曲目なんかはさらっとしてきていた、それは1曲目の方に寄った感じもあるような。まあ記憶はかなりあいまいなものだ。どちらにせよおもしろいだろう。1曲目の歌詞も面白くて、オウガぽさに変わりないけれど、新曲として立ち会える喜びって大きいものだよなあと年をとってようやくわかる。で個人的には3曲目がぐうぐうする感じでグルーヴとメロディの良さのオウガ感で楽しい。一番濃い味つけ、色やにおい。掘る感じ。馬渕さんのギターがきれいだなあ。アルバムの中でどうまとまってくるのか気になる。

なんとなく、だけれど、新譜の方向性としてこれまでにやってた深く低く沈ます音からは少し上がってきているのではないかって感じがした。もっと上の層への意識というか?まあまだ全然わからないんだけれど。