液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

午前中に銀座の美容院へ。先月、大宮でずっと切ってもらってた美容院で切った髪が気に食わず自分でざっくり切ったのだがいかんせん量が多くて梳き切れていないので頭が蒸して暑い。なのでやっぱ整えてもらわないとなということで、母が行っているところに時間を前後させて一緒にお願いする。年末に一度切ってもらっていて技術は良いなと思っていたしそもそも先月の時点でもこっちでお願いしようかなと思ったりしていた。でもなんとなく長年通っているよしみで選んでしまった。でももう最近はいまいちに感じることも多かったしと思い切ってもうこれからは変えよう。銀座の方が近いし。自分で全体を切ったのだという話をしたら美容師さんには驚かれた。まあそうだろう、我ながら一応それなりにちゃんとした風には切れているから。髪色を褒められたのでなるほどと思う。カラーは良いんだよなあ。明るめの色でこの先も試してみたい。よく考えたら私の職業は髪色にもなんの縛りもないのだった。ヒゲも刺青もオーケーなようなものだ。でもかといって私はそもそもそれらに興味がないのだった。

お昼は高松のアンテナショップで食べる。広めで落ち着いた良いところだった。若い人は少なめ。美味しい。無印に行って資生堂ギャラリー行ってキルフェボンでネクタリンのケーキを食べた。ケーキならいくらでも食べれそうになった。髪の毛が軽くなり蒸れなくなった。嬉しい。技術は面白い。イデーのラグが欲しい。いやライトが。いや広い部屋が。