液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

最近、というかよく考えたら先月頃からゆるゆるとずっと仕事がひまだ。全くないわけではないが、会社始まってからこんなに時間かけてずっと暇というのはなかったような気もするかも。今までなら一応9月から繁忙期的なものに 入っててよいわけだが、全然そんな匂いもしない。仕事の話があってもまだ先の話とかあるかどうかもわからない話とか。大丈夫かこの会社。私の給料支払われるだろうか。いつも今までもそうゆう心配をすることはあってもまあ気にしないでおこうで知らん顔してきたが、流石にどうなんだろうな。やはりほかに副職なものを手につけていくべきなのかもしれないな。でないとこの先ずっともこの仕事でやっていけるのかどうかはそもそも心配の種であったし。でも何するんだって話だな。もし今のこの仕事、会社で食っていけなくなったら同じ仕事で他の会社探すんだろうけど、基本的にこの仕事は体力的な面が強いのでそこらへんはどうしても考えてしまうが。まあでもそのときは失業保険もらいながら考えたらいいのか…もらえるのかな…。

 

昨日と今日とで栃木と山梨の現場だったがそもそもかなりあっという間に終わる仕事で人工も1人分しかないだろう仕事。ただひまなので私も一緒に行ったに過ぎない。そしてハイエース運転するのも嫌な私。ほぼ完全にいる意味はないわけだが。どうにか意味ぽいものを浮かび上がらせるしかない。うーん。しかし毎日こうやってたいして働かないでいるのは楽だな、楽すぎてこの社会に生きていない人みたいだな。それはそれで悪くない。栃木や山梨の風景を見ながらこうゆうとこではどうやって暮らしがあるのか気になる。私には新築の家を買うのに何千万も出すような感覚がないだろう。自分には縁がないだろう。かといって東京やその近郊でない土地であればやっていけるかと言うともちろんわからない。虫苦手過ぎるし。私は基本的になんに対しても積極的能動的に自分で選ぶということをできないでいる。それは自ら探さないといけないだろうが、どこから手をつけたらいいものやら。生命保険に入らされてるけど一体いつの誰の生命だよと思う。でも怪我したり病気したらお世話になれるのだろう。オチは付いている。死んだらそれもまた、それがそう。

栃木のあたりで田んぼが黄金色になっているのを見て気持ちいいなと思う。田んぼのある風景は自分にとって気持ち良さや心地よさを喚起するものだったのだ、と気づかざるを得ない。それはおばあちゃん家に行けばある風景、そこに付随する風景に過ぎないと思っていた。もうあの風景、あのような心情は、そこにはないのだということが虚しい。