液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

朝起きたら9時だったので驚いた。2回目の目覚ましの記憶がない。9時まで寝ているというのは滅多にないことなのだが、今週は流石に疲れがたまったのだなあと思う。しかし11時半に待ち合わせをしているわけだから意外と時間がなく、朝ごはんは柿とコーヒーだけにした。錦糸町でaちゃん家族とお昼を食べる。もともとお土産を渡すだけだからという話だったが、夫のsくんも私に会いたいと言っているといういつもながらの謎展開により息子のyくんも連れてみんなでご飯になった。sくんも一緒に会うのは少し久々だったかも。aちゃんがsくんの発言をあれこれバラしてくるので、え、それを私がここで聞くのおかしくない?とたじろぎ思いつつsくんもバラされるのが決していやなわけでもなく、照れてるのかなんなのかは私にはよくわからないがなるほどそうゆう風に私のツイートが受け取られているのか?と興味深い。そんなによく会ってる訳ではないがsくんはわりと話が通じる時は早いし、話せば耳を傾け理解しようとしてくれている感じがあるのでわりと大学時代の男友だちの感じに似ている気はする。なによりaちゃんとsくんの会話のやり取りはちょっと特殊で異種な感じがあり、でもそれはそれでふたりのあいだでは自然でまっとうなものなんだろうなあとも受け取れる。正直言って、え、そんな話をする中に私がいていいの?と思ったりするんだけど、私だから良しとしてるのかなんなのか、ただあけすけな訳ではないが内密にしたプライベートでもないという感覚が面白いような気がする。

私自身はやはりもう一度も結婚をすることはないのかなと想像することができる。経験としてすることができるのであればしてみたいと思うが、自分のふるまいなどから想像するに、そうゆう縁はなさそうだなあというのが今のところ素直で率直な感触だ。結婚そのものがしたいというんでもなく、結婚という選択をともにする相手がいるのかいないのか、という話だと思う。自分は結婚というものを知らないままなら知らないまま、知らないというまま生きるだけだが知らない以上よくわからないものではある。なのでそうゆう意味では身近な人たちの結婚をして家庭をもった姿形というのは各種サンプルとしてとても興味深い。なるほどなあと新鮮だ。よく考えてみると、私の両親は私に結婚とはあまり良くないものである、ということを最も刷り込ませてくれたのだ。しかしその両親の像だけでがんじがらめにされているのも息苦しく、つまらない。陳腐だ。

とても楽しい時間だった。いろいろと喋って、聞いてもらえて、少しほっとする。話が通じて、安心した。それから恵比寿へ移動して写美で展示を見た。ああやっぱり写美は楽しい楽しいとただただ享受することで浮かれてしまう。帰りにアトレのスタバに行くも相変わらずぎゅうぎゅうに混んでいて、席を待つのも探すのもうんざりなのでテイクアウトして歩きながらカフェモカを飲んだ。ちょうどよく美味しい。