液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

a sweet?



先週からなんとなく崩れ始めていた色々なものは、修正がきかず、久しぶりにひきこもってしまっていた。月曜は英語に行かれずも、制作作業をしたりはした。もう2回も休んじゃってるよ…。とほほおおい…。準備をしたところで気分がだめになってしまっていたので、も、それはしょうがない。あきらめる。
火曜は息苦しい気がしながらもほおんの少し作業をして授業に出た。ああ、やっぱり、スライドで見る色彩は美しくて、見るということは、刺激される。お陰で、授業前にあった陰鬱さが、少しやわらいだ。もう単位もらってる授業だけど、やっぱり欠かせない。それから恒例の友達の誕生日会の準備をすべく、スーパーで友達と待ち合わせ。今回は簡易版というかんじで、お酒をメインにした感じ。とはいえ、キムチャーハン、サラダ(もりもり)、じゃがいもチーズコロッケ、ソーセージ、肉炒め、などを作った気がする。私はひたすらレタスをばりばしゃ食った。準備の段階でなぜか皆が離れ離れになるのだということに気づき悲しくなり早くも叫びだす。準備はほぼ3人でゆっくりだらだらしながらしていたのだけど、あの広い家で、あの台所でああやって作業するのは、なんだかんだで凄く好き。私はいつもがっつり準備参加なのもあってか、その哀愁が強い気がする。mとの連携作業などが、結構好き。会はお酒を並べ、私は相変わらず紙コップ1杯で、正確には2分の1ですっかりべろべろばあ〜。なぜか生まれた私の発言「べろべろばあ〜」。酒好き、酒に強いメンバーのこの中では私が一番酔う人間なもんで、それに慣れている皆は大抵私がおかしくなるポイントを分かっている。お酒飲むと笑いがおかしくなるもんで、たのしかった。mがさり気にちょっとおばかをさらけ出してくるところが好き。mとはなぜか変なところで笑い転げる。へんなの。お酒をまるで頬張れなかったぶんにと、お菓子を1人でばくばく。やっぱり皆でいると皆にもどる。明日は学校に行けない予感がした。行きたくない予感がした。
そのとおり、水曜は学校行けず。もうなんだか頭が無能。だめだ、と思う。
木曜は、病院に行こうと思うも行けず。もちろん学校にも行けず。なにもかも考えられない。考えることすべてから逃げている。まともなだめだめ最低ラインにのっかってしまっている自分。けれど、どうにも這い上がらない。避け続けている。動物のお医者さんをひたすら読む。時々泣くも、嘘くさい。自分全てが嘘くさい。何かのせいにし続けている自分がいやらしく、汚い。とてつもなく汚い。ずっとテレビの音がないとこわい。
金曜の今日は午前の内に病院に行って、午後には授業へ行こうと思っていたものの、目覚めから腹痛。とまらぬ腹痛に悩まされ悶える。12時過ぎに目覚めると、ようやく痛みがひいている。ほっとした。病院に行って、とりあえず薬は減らさずもらう。この一ヶ月は毎日飲むことを心がけよう。問題はそれからだ。家に帰ってからも、相変わらず逃げてばかり。どうしたら、この身体をひっくり返すことが出来るのであろうか。硬い粘土のように、たたきつけて、ねじりまげて、伸ばして伸ばして切り分けて一回転させてぐりぐりしてばっづんと繋ぎ合わせて全てをあんなふうに出来たらと、粘土を触りながら思うものだ。昨日なんとK先生からメールが来ていたので、それの返事を送った。ずっと毎日現れ続けていたからだろうか、お休みしているので心配してますというような内容のメールだった。泣けますな。ゼミ生でもない迷惑かけっぱなしの私などにわざわざそんなメール。たしかにまあ私は、4月からというより、2月3月からずっと先生のとこに通ってるから、突然来なくなるという極端な行為は、不自然なのかもしれない。最近調子が良くないんですということは適当に叫んでいたし。ここ半年くらいでずっと思うことがあって、それは、1人暮らしで、しかもバイトもしていないような身の私にとっては、この大阪での暮らしにおいて、大人という存在は先生たちでしかない。身近な大人。つまり、もう、親代わりみたいな存在だと思っている。事実、そう接しているし、そうしてもらっている(勝手に)。先生方には感謝しても感謝しきれないものだ。
実際何が問題なのかはなんとなくわかっている。でも今まではそれを隠し隠しでやってきた。隠して、それで理由付けて、誤魔化して。それでしか自分の気持ちの無理やりの抑えようがないと、勝手に私が自己判断している。でもそれはやっぱり気づいていることで、徐々にそれは増殖して迫ってくる。いつまでそれで誤魔化すか。それがいいのか、いくないのか。わからない。自分の中に沢山の矛盾がある。それらとどう向き合うか。ひとつひとつの事柄を位置づけていくと、こんがらがっては矛盾が生じている。その矛盾をそのままにするか、正すか、正さないか。どれかひとつに定めてしまえばいい。それで自分のリズムを整えられるなら、保てるなら。それが道。でも時々全部崩れてくる。それは、否定なのだろうか。でも、すべてを本当にしたら、私は何もなくなる気がしてしまう。そしてそれでこそ正しいのだとも思う。でもその状況に向きあえられない自分の存在が、今を狂わしてしまっている。すべて、ただ自分のせいなのに、どうして落ち着けないのだろう。お前はなにをするべきだ。何がしたい。なんなんだ。
すごくだめなぶんしょうでごめんなさい。頭がまわっていない。何が必要で必要じゃないのか、また情報過多に陥っているようだ。でもだからそうやってなにかのせいにしているところが、すこし、いらつく。どうしたらいいどうしたらいいどうしたらいい。今の私は、どうやら最低だ。落ちていやしない。残されたのは腹痛だけ。かち割りたい。幼稚な思考しか出てこない。どうにかしてくれ。なんなんだこれは。私は誰だ。なにがある。