液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない


3日の新聞で面白かった記事。女に子供を産め、家事をしろ、仕事もしろとなんでもさせるうえに男社会の企業風土までついでに変えてくれと言うのは男の手前勝手な希望というのがたしかにーと思った。欧米と日本のそれぞれの昇進制度や雇用形態などどちらも一長一短というのもなあ。北欧なんかはなぜあんなにうまくやれてるのか、ふしぎだ。というかなぜ日本があまりにも頭のかたいような仕組みのままなのかが不思議だ。デンマークだったかフィンランドだったか、男も女も柔軟ででもそれが自然だよなあと。なぜ不自然なままなんだか。
そして同じ新聞の違うページにパキスタンで子供や女性の分野で活動するNGOスタッフ7人が殺され、6人が女性だったという記事。車を止め、おろし、一人ずつ射殺したとの報道もある。として小さな記事は締めくくられていた。もしそうならば、そこにはどんな景色があったのかと思う。



ふと思い出したので書いておく。クリスマスにモサムを見に行くのに、前日あたりに母にはライブ見に行くから夜ご飯作れないよと伝えた。だれの(ライブ)?と聞かれ、一瞬迷ったけれど、モーサムの、とこたえたら、ああそうと返す母。すかさず知ってるの?!とつっこんでしまう私。んーと瞬間もやっとしつつ、昔よく見に行ってたよね?と聞くので、ああそうそうとほっとした私。
そうだな、モサムとシロップくらいはよくよく見に行くから名前をだしていたっけな。しかし、内容、モサムがどんな人たちでどんな音楽やってるかもしらんのにモーサムという名前だけですべてオッケーうなずけるみたいな母に妙な笑いを感じた。モーサムと口にしても話の通じる人なんてさほどいないこの世の中で、なかなかたのもしいじゃないか、みたいなかんじ。


ああ、今月のろぼ@ゆにっとに行くかいかまいかが悩む。火曜日にゆにっとで20時スタート、ハードルを感じるが。月曜休みなんだからあと3日くらい平気か?!まあ平気とは思うが。ろぼ行かないと他もないしなあ。しかしピトインでもらったチラシに入ってたアップリンクジョン・ケージイベントは面白そうだな!アップリンク行ってみたかったから行ってみようかな。さそうあきらのマンガも読んでみようかな。