液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

3月26日はモーサムワンマン@代々木ザーザズーを見に行った。あれなんかモーサム見るの久しぶりになっちゃったけどいつ以来なのかいまいち思い出せなくて。でもなんかあれなんだな、キセルもそうだけど、あのもう久しぶりっていうより昔からよく知ってる人たちみたいな感覚で見えちゃう人たち。

モーサムにとって今年一発目のライブ。一曲目だったか二曲目からもも機材トラブル。ももがストップストップストップーと叫ぶんが新鮮だったな。出だしの音がミスった?ってかんじで変だなと思ったらのストップだったから、それ含めモーサムではそんなん初めて見たかなあって気がした。テンションあげてー高めていきますよーっていう雰囲気がモーサムにも客にもあるなかでそんなわずかながらも中断をはさんでも馬力おとさず発進できるのはなかなかすごいなあって思っちゃう。まあそれが最初からあげてあげていきますよっていうよくも悪くもな緊張感だとして、久しぶりとゆう若干の、若干だからこそ感じ取ってしまうようなぎこちなさみたいな何もずれていないけど何かがまだはまりきらないずれのようなミスもなく完全なのになにか浮いているような感じというのか、まあそんなんはあるのかなあと思った。
でもそれはカルフォルニア・ガールで全体的にふっとんだのではないかって感じもする。昔の曲というのはやはり客にとって高揚感を与えてくれるのだなあ。まあ私自身わっひゃーとなったもので、そうゆうんが観客全体からとびでちゃってる感じがした。ああゆうお客さんみんなのでちゃう感ってきらいじゃない。みんなダイレクトで率直よねえと思うし、それがそのまま4人にもすぐに、伝わるんじゃないかしらと思う。
全部ひっくるめふくめ、モーサムとお客さんとがすべて影響しあい絡みあい境目なしでわかりあっちゃうような、見えすぎちゃうくらいに肌で空気でふれあっちゃう近さがすごくあるんだろうと思う。それが今のモーサムかしら。

そんで新曲を4曲。全部はやっ、うるさっ。うーんと個人的に言えばもっと音に隙間ある方が好きなんだろうなあと思っちゃうけど、これからライブでねりあげていってツアー最終日にまたどこまで見せてくれるかが楽しみ。物販で売ってたからクアトロのチケットは買った。いやはや物販でチケット買うとかまたひさしぶりなことしたなあ。

しかし後半の昔の曲だと、あれだなあ、ついついどうしたってイサムさんのドラムのことを思い出してしまうんだ。ああ、この曲は、ここのイサムさんのドラムがかっこよくて、その角度がかっこよくて、とか、つい頭に浮かんじゃっている。だってそれはどうしようもない。イサムさんの叩くドラムが見えてしまう、聞こえてしまう。それはもうしみこんじゃってんだなあって納得と諦めみたいなきもち。そんなにそうか、染み込んでたかとも思う。ついついイサムさんがドラム叩いていた姿思い出しちゃうのはしょうがないかなあと思うんだけど。だけど。ああ私はイサムさんのドラムが好きだったなあと恋心みたいに思い出しちゃう。イサムさんのドラム、かっこいいんだよおおお。ああー、ぬおおー、やっぱり、ぜったい、また、イサムさんがドラム叩いてくれるといいなあと、ファンだから思う。イサムさんのスネアの音、シンバルの音、前かがみな姿勢が、ももとタケイさんのうしろからギラつく視線をとばすイサムさんが死ぬ前にはもう一度見たいと思う。

しかしイサムさんのおしゃれ具合は相変わらずだった。アンコールで帽子変えて出てきたときにはきたー!という気持ち。あの耳当てつきの帽子、イサムさんそれ似合うよねー!という気持ち。アンコールではたけさんがしっかりいろんなお知らせなど。あひゃー、やっぱりみんなのアイドルだなあ。なんとなくアンコール前にタケイコールとかするのは好きじゃないっていうかタケイと呼び捨てにすることがなんかいやっていうか、たけさんはなんか呼び捨てが似合わないっていうかもっと違う呼び方があるんじゃないかというよくわかないもやもやを思う。もっとキュートななにか?

あっという間な80分ほどのライブ。しかしセットリストはなかなか良かったような。むくむく楽しみほくそ笑んで見れちゃうライブ。でももっともっとぶっきらぼうにいってほしい気とかもしたりして。それは私の中で昔と比較しちゃうとこがあるせいかななんてのも思うんだけど、でもそれだけじゃない気もするし、どうかなあ。いやまだまだもっといけっるっしょという気持ちなのはたしかだ。
あとは最後尾のほうで見ていたんだけど、どうも音が弱いっていうか、前からしか音がこなくてものたりない感じがあった。それはもうハコの問題になっちゃうけど、そこが物足らず残念。まあ耳鳴りはきてたけど、横とか後ろからがなかった感じなんだなあ。見る場所が悪かったか。