液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

qyu2005-06-26

昨日、MDをごそごそ漁って色々聴いてたら、ナンバーガールの2ndか3rdあたりのアルバムを録音したものが出てきた。っていうかかけたらその音が出てきた。えーと、私は海をだきしめていたいって歌ってる曲が入ってるアルバムだな。それでそれを流してた。で、それが終わりました。そうしたらなんと!!!
スパンクハッピーライブビート出演時の音が流れてきたではないかー!ぬおおおーーーこんなところに入っていたのかーー!いやあ撮った記憶はあったんだけど、どれにも見当たらなくて、撮ってなかったのかなぁ?とさえ思ってたんだけど、そうかこんなところに中途半端に入ってたんじゃそりゃ気づかないよ・・・。放送忘れてて慌てて録音したからなあ。音はカラオケだから意味ないっちゃないとも言えるけど(でも私はカイセキしか聴いてないからナショナルクラインブルー?とか聴けて嬉しい)、一番おもしろいのはお喋り。お喋りって言っても瞳ちゃんが紙を読まされてただけなんだけどな〜。うわ〜んでも、瞳ちゃんがアルバムのタイトル読み間違えちゃって、カイセキをサイセキって言っちゃって、そうしたら菊地さんのツッコミが入って「採石っていうのはね・・・」って説明し出して、とかこの流れが凄く懐かしかった。生で最前で見てたからかな。そしてそんなこと思い出したら同時にスパンクスの前に誰が出てたかも思い出したんだけど。あーでもやっぱりこの菊地さんはなんか凄く好きだなあ。凄く楽しそうだし嬉しそうだし。スパンクスのライブ映像はたしか一つくらいビデオにあると思ったけど、こんなMCはなかったと思うし、うわあ撮っておいてよかった。うーんやっぱり私、瞳ちゃん時代のSPANK HAPPY大好きなんだなぁと思った。過去は遡るべきなのか。まあいいや。



そんなわけで今日は京都伊勢丹の中に入っている「えき」という美術館へ行ってきた。正式名称は“美術館「えき」KYOTO”かな?前々から時々そそられるものをやってるなあとは思っていたんだけど、今日遂に初めて行った。というのも今やっている展覧会「ミヒャエル・ゾーヴァ展 不思議な扉の向こうへ」の会期が7月3日までだということを、朝、新日曜美術館で知ったから。
昨日はMちゃんの家にお泊りして、それで今日の朝8時半頃帰ってきて。それからシャワー浴びてふーんと新日曜美術館見て、アートシーンでヴェネチアビエンナーレ楽しそうだなーとか見てたら、ちょうどゾーヴァ展が取り上げられ。7月3日って、来週じゃん?!
実はどうやら前からミヒャエル・ゾーヴァの絵が好きだったりする。名前知ったのは最近なんだけど。出会いは鞘ちゃんに案内してもらった高円寺での様々なポストカードを扱っているお店でのこと。映画のとかイラストのとか豊富なポストカードがあったんだけど、今から思えば割と沢山ゾーヴァのポストカードがあった。私はその頃全然名前を知る由もなかったんだけどな・・・。ただ、ふつうに、絵にとても惹かれた。鞘ちゃんとおもしろいねーかわいいねーなんて言ってたと思う。それで私は一枚買ってて、部屋に飾ってあったりする。そうしたら、コレ書いてる人って中々の有名な人だったのかーと。
それで結局名前と絵が一致したのはこの展覧会が開かれるってことになった時。うおお、この人アメリででも書いてた人だったのか!つうかそんなに沢山書いてるのか!スゴイのか!見てみたい!!とかられていたものの。軽くちょっと忘れてて。それでなんかうやもやしていた気持ちの元にちょうどよく現れたあと1週間という期日。よし行こう。
それで家を出たのが12時過ぎ。京都には14時くらいには着いた。京都駅は相変わらずキンキンとしててなんだか思わずおもしろい気がしてしまう。伊勢丹の7階へあがり奥に進むと、長蛇の列!びびった。やはり今日の朝の新日曜美術館効果・・・?日曜だし、伊勢丹の中だからっていうのも大きいのか。すごいな〜と一瞬のけぞりつつチケットを買って列に並んだ。15〜20分ほど待ってようやく中に入れた。
今年と来年とがドイツ年、ってそれどうゆう意味?誰が決めたの?なんなんだ?って疑問はまあ置いておいて。そのドイツ年っていうのがあって、ゾーヴァ本人の協力により120点もの作品が数を並べたんだそうな。もう、素晴らしい、素晴らしかったよーとっても。