液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

今日はちょろっと仕事やったら帰れる、昼過ぎとかには、そしたらギャラリー見に行ったりしようと思ってたのに結局仕事が増えててそれでも多少は明るいうちだったけど生理もきたしつまり体を重くなるし買い物もしたいし自転車の空気も入れないとで寄り道はせずに帰る。

そういえば納品で前の職場の会社に行った。男性陣には仕事上何度も最近でも顔を合わせているわけだが女性陣には長らく会っていなかったような。ってももともと少ないし、知らない人、いない人によって先輩だった年上の人ひとりだけだったが。もうひとり、私と同い年の同い年とは思えない偉そうで奇妙なプライドの高さをまき散らしていた人とその先輩だった人はつるんであり、在籍していた頃にはいやな気分にされたことも何度かあったが私とはあまりに全然違うんだなってことでどうでもよいといった感じでもあった。部署違ったし。悪い人ではないわけだが、特に慕えるものもなく好くものもなくなにということがない。なので挨拶ったって、してるんだかしてないんだか微妙なものだったので私もすぐさまどうでもいいか、となった。互いに興味もなにもないだろう。ずいぶん老けたように見えたのだけ印象的。下の階で男の先輩に会う、数日前にも会っているが。上で挨拶したのか聞かれ、しましたよ、とそれだけ他に特にないという感じで言ったら相変わらずやなとか言われてなにがなんだが全然わからない。そうゆう対応に私らしさがあるらしい。まったく理解しない。