液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

朝から部材の引き取りと現場とをまわる。車内でN国の話などになると、まあ要は政治の話などになるとあさいさんとぶつかることはよくある。あさいさんは選挙でも与党にいれてるっぽいし与党に入れてない私とは基本的にいろいろと考え方も異なるし、それに縛られずとも違う思考がある、それはまあ当然だし違っていて良いと思う。だがときどきひっかかるのは、わりと投げ捨てたような考えを口にするあたりや、これがだめならじゃあ他にあるの?といったことを口にするところだ。まあそれがこの国の民主主義でしょみたいなこと言うから私がべつに民主主義が完全に良いってわけじゃないと思うけど、と言ったらじゃあかわりに何があるのといったことを言うので、いやだからそんな極端な二項対立にする必要はないってことだと思いますけど、なんてことで結構言いあう。そうゆう考え方は現状に対して考えたり想像したりすることを無視して冷笑的でいることで自分の体面を保っているみたいで私は好きじゃない。そうゆうところはけっこうあわないなあと思うけど、気にするといらつくので適当にやめておく。でも少しむかむかしたので喋るのは冷淡になる。

渋谷の現場でひさびさにNさんに会う。もともと大工さんだが、独立をしたという。すでに先に作業ははじめてて、そこにいた表具屋さんが若い人たちでびっくり。めずらしい。若いっていってもどうなんだろ、私と同じくらいか、少し下くらいか。表具屋さんといえば癖の強いおじいちゃんやおじさんがほとんどだ。かなり若い人や女性がいたとしたらヤンキーみがあったりする。でも今日の人たちは身なりもきれいでふつーの青年たちだったのでかなり珍しい気がした。背があって足が長くてうらやましい。ああいいなー私もそうゆう身体に生まれたかったと思わされる体型をしていた。いいなあ。

現場を終えてサイゼリヤでお昼。改装されてなかも結構変わってるしメニューも少し雰囲気変わったし、まあ味はなんもかわってないと思うけど。

今はまた生理前なのでだるい、つらい、ねむい。本を読まねば〜というのが最近の焦りだったので帰宅したら読む時間を持つ。私はすぐに興味があちこちうつろいでしまうし、かといってそれでいて何ごとも深くよく知ることもでにないでいる。ほんとこんなような浅はかな自分が貧しくて嫌になるなと思う。でもそれをくつがえせるほどのものは自分にはないし、できることをまずはやらないと、とは思う。何もできやしないが、流されていたくはない。