液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

仕事で朝から現場回って計3件もこなす。1件目の現場が想定外な状況で、まじかいな〜って感じで結構時間かかる。お昼までかかる。危うくまた化粧全落ちするかと思ったがなんとか平気だった。部材支給の現場はいやだよなあとつくづく思うがこういった類の現場、試練をくぐり抜けてでしか結局腕も上がらないような。でも辛いのでやりたいわけではない。でもなぜか自信というか度胸はつくだろう。都内から神奈川へ移動。お昼はお預け。2件目はそこそこすんなり。しかしお昼を食べれたのは結局15時過ぎになる。ケンタッキーくらいしかない、駅前なのに。で一旦帰宅して今度は21時からの現場で再集合。初めて会うお客さんだけど作業内容はそこまで大変でもないし、というか扱いやすい部材だったこともあり23時にすんなり終わる。こんな現場ばかりだったらいいのにな。現場の1日はあっという間に終わってしまう。