液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

仕事の帰りにユニクロでこないだいいなと思っては買わなかった薄手のニットを買う。ユニクロユーのなので早いうちに買ってしまったほうがいいかなと思ったのだが、そうか、もう、すぐ、増税になるんだもんなあと思うとどうせ買うならやはり今で良かったかなと思う。しかし増税に憂鬱すぎて、もう服は中古でしか買えないんじゃないか、いやそりゃあ全てじゃないにしても高い服はそう簡単に買う気になれなくなっちゃうかなあと思ってしょげた気持ちになる。

特に食べたいものもないので豚汁でも作って納豆と豆腐と漬物があればいいかなとスーパーに寄る。バラ肉がやや高いものしかなくて躊躇するが足を伸ばした他のスーパーに行くほどの気持ちもないのでいたしかたなく買う。しかし脂身が多いのが気になる。しかし…。でもやっぱり豚汁にするには脂が多すぎかなあって感じ。食べ終えたらすごく体がだるい気がしてくる。いや作る前からだるかったけど。でもこれは簡単なだるさでもなく、風呂に入る気力も残ってない。今日は一日あいトリに補助金出さないと文化庁が決定した報道によってツイッター見ててもあらゆる人が色んなことを言っててなんかそれ見てたら余計に疲れたような。どうかしてるこの国でこの先もずっと暮らし続けるのか。まだ見ぬ表現を見ることすら出来なくなってしまうのか。いったいどんなレベルでものごとを見て考えているのか。しかし2015年の時点で芸術家として百田尚樹を読んだ勉強会が開かれてそれに現文科大臣が出席してるわけだから、そうゆうことだってなわけで、それはどうも奇妙なことだがそれらによって培われた世界の侵食がどんどんやってきているということなのだろう。いつまでこの国はこのまま続くんだろう。