液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

最近は仕事が少し立て込んできたり、ゆるんだり、が細かに変動している。来週にかけてがせわしなさそうだが、いい具合に休日出勤をスルーできるかが問題だ。台風は、日曜の朝にはどうにかなっているだろうか。水曜だから映画でもと思うが、いやそれより本読めがある。20時からアトロクに是枝監督が出ると言うのでご飯をさっさと作らねばと思う。あいトリで待ち合わせしてる友達から13日も休みになったわと言う連絡が来る。あ、そう、と思うが、ああきっと他に言いたい事があるんだろうなあとはなんとなく思う。じゃないとわざわざこんな事メールしてこない。見え見えだ。とりあえずご飯さっさと作って、わ、もう20時と思ってラジオつけたら、なんとゴッキーが裏返ってそこにいた。悲鳴にならない驚愕しかない。裏返ってるが、完全に死んでるかは定かでなく、ほんの20分くらいの間に現れた事を考えると、いや考えたところで何も解明できない。とにかく処分しなきゃいけない。虫嫌いが行き過ぎているので本来ならここであさいさんを無理くり呼んでもおかしくないが徹夜で疲れてたの知ってるのにそれはできない、裏返ってるし、、なんとか自力でやらなくちゃいけない時がきた、と覚悟を決めようと思うがガクガクまじで震えすぎる手からむしりとったキッチンペーパーの束が床に落ちていった。拾っては落ちるコントではなかった。キッチンペーパーを束にして上に置くと動かなかったが、それをビニール袋の上から掴もうとしたら動いたので悲鳴する。だが大きくは動かない。でもここで殺虫剤かけたらすごく動くかもしれない。それは嫌だ。なのでキッチンペーパーにスプレーをかけてそれを上に落としすかさずビニール袋で掴んだ。その手が本気で震えまくっていたので私は疲れた。どっと疲れた。汗をかいている。心臓が悪い。つらい。なんなんだよ一体どこから入ってきたんだよおおおお。もうやだほんとやだ。もう死にたい。つらくてやってられない。泣きたい。でも何も出ない。作ったご飯を食べるしかない。是枝監督を聞くしかない。もはや世界はめちゃくちゃだ。崩壊後でしかない。是枝監督の話は面白い。友達への返信が中途半端だった。めんどくさいので、当日適当に連絡とって落ち合おうということにいつもしている。名古屋での宿泊にはホテルを取ってあったが、泊まりにきてもいいよと言うので、宿代浮くのはでかいので泊まらせてもらうことにする。人恋しいの?と聞いたら、そうかも、と答えられた。