液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

今週は月曜から仕事だった。前日から目覚ましの時間で起きるよう慣らしていたけど、また働く日々が始まるなんて信じがたい気持ち。自分が働かなくたって世界は回っているが自分が働かなくては私の生活は回らない。今年はもう少し真面目に働き暇な時間をもてあそばずにするようにしたい。自分のなかに仕事に対するモチベーションがそもそもない、低い、という状態があるがそれはで良いのだろうか?と思わないこともない。今のままの仕事でいたらそれはずっとそうなのかもしれない。何も要求されず、私も向上しない。そんなのはつまらないなと思う。でもそのぬるま湯にいる気楽さをいついかに放り出せるというのだろう。ずっと自分のあり方に疑問があって、そのままでいて良いのだろうかと思っている。でも?自分はどう生きていいのかわかっていないまま生きてる。それはときに虚しく、それなりの充足がある。

 

木曜に会社でひとりで暇になったのでTver吉高由里子主演のドラマの1話をなんも知らないまま見てみたら柄本佑が出ていた、お、ついに民放ドラマにもいい感じに進出かーと思う。わからないけど最近はひたすらNHKと映画でばかり見た気がして。最初見たときは民放だったわけだが。最後の方で夜道をひとり車を走らせてるシーンのところがかっこよかった。おでこがきれいだ。

ついでにダウントンアビーの最終回ってどんなだったんだっけと思ってアマプラで見ちゃう、見ちゃうとハマる、何度見てもおもしろい沼。最後の最後に爆発する姉妹間の妬み僻みの妨害、言い争いが最高に良いなと思う。あんな高潔なたまりにたまったうらみの言葉の応酬を私もしてみたいと夢見る。