液体か、涙は または水とゆめ

あなたも誰かの日記に記されているのかもしれない

qyu2005-07-20

ここ数日異様に「角」にぶつかるぶつかるぶつかりまくっている。とても、痛い…。学校でも家でもあらゆる角になぜかぶつかる。夏なので、腕出てるので、なんかもろに痛いのね。少しかなしい。


今日は月がきれいだ。うっとりする。今日の写真は月ですよ。一応。まだのぼりきっていない頃。古墳の森林あたりから見えてきたころ。携帯だから、こんなもん。まぁそれが良いんだけど。すき。この部屋の良いところはやはりこうゆうところ。自然がありありと目の前に溢れてくるところ。窓から自然といつの間にか月がすっぽり見えている。窓を開けていれば薄く聞こえる蝉の声と蛙の声と、まぁたまに隣のスナックのカラオケのもれた声が…。それもそれで嫌いじゃないんだけどさ…。学校や外にいる時は冷房を求めるけど、自分の部屋にいる時は何故かあまり求める気持ちにならない。いくら汗がたらりたらりと流れてきても。それはもうそこまでいくと拭けばいい。なんかこの部屋はきっとあまり冷房とか似合わない。それよりそのまんまの方が似合う。この部屋すごく好きみたいだな…冬は最悪すぎるんだが。はぁ今から冬を思うと既に気が重い思い。



今日は前期最後の授業だった。でも昨日から引き続き暑さにすっかりやられてしまって体が思うようになるようでならない。やっぱり埼玉や東京より、大阪の方が暑いような気がする。まぁ2年くらいわりとあまり外に出てなかったのもそう感じやすい要因の一つかもしれないけど。でもこうやって暑さと真正面からぶつかっていく感じ、楽しいとは言わないけど、すごく様々な事象と関われて生々しくて、嫌でもない。
昨日は連休明け&連休中の暑さ&明けても暑いなどの重なりによってか異様に皆が皆枯れ果てていてそんな中での5限の必修の授業はおもしろかった。20分以上授業時間オーバーしているのに、皆もう無心になったかのように素直に受け入れててすっごいおもしろかった。1人で心の中できゃっきゃと喜んでしまうくらい。私は本当にそうゆうのが好きだ…。状態であり雰囲気であり、その中に自分がいるということ、そしてまたそれを客観的に見るということ。おもしろいなぁ。ふひゃひゃひゃ。しかしまぁ本当に昨日は疲れていた。何か特別あったわけじゃないし、普通に授業もこなしていたんだけど、終わってみると回り皆が肩がさがっているようだった。こうゆうのもおもしろい。集団性。
授業後はY家へ行ってチーズフォンデュを食べた。お酒も飲んだ。久しぶりにK.NがY家へ来た。そうしたらMちゃんとSさんがテンション高まっていておもしろかった。私もK.Nにここで会うのは久しぶりで、あぁなんかやっぱりこの人は弟みたいでかわいらしいなぁと思った。その後更にKくんも来た。Kくんの変さには笑うが、なにか納得出来てしまう具合を感じる。なんかべつに変と思わない、変さが見えるんだけど。奇妙ではないのだ。酔い疲れてどうしようかと思ったけど、やっぱりちゃんと帰りたい癖がしっかり身についていたため終電で帰宅。ほんとうに2回になってからというもの、友達の家に寄る回数は断然増えたのに断然きちんと帰るようになったなぁ。うん、これが自分にはあっている。なんだか久々に楽しかった。



私はほぼ毎日ここで携帯で撮った写真をあげている。それは携帯のカメラで撮る世界が好きだから、それをこうやって外へ出すことで更に自分の満足度を得るため。携帯という狭い枠の中で見るのと、ネットという画面を介して見るのとでの違いもあるし(色とか文字との兼ね合いとか装いの問題)、最も大きいのは自分の携帯という狭い枠内で見て切り取った世界を他者に見せるということであり。写真について何も触れない時もあれば、触れる時もある。その意識の違いはなんだろうな。
最近もっぱら写真の世界にはまっている。自分が撮る側になってのことでは全くない。それは以前からの意識、いつものように携帯で写真を撮ったりしているだけで、何も変わっていない。授業でちょうど写真史のことを習ったり、フィルムを使った実験制作をしたりしたお陰だと思う。まぁでもきっとそれだけじゃなくて、変わっていないという意識、携帯で写真を撮るという作業を前々から好んでしていたことは必ず関わりがあるはず。切り取る視界には前々から魅力を感じていた。
元々、写真というよりも、写真家というものに初めてまともに魅力を感じるようになったのが一年前くらいからで、それはブレッソンであった。そして最近やっとこさ自分のまるで知らない写真の世界に腕をずぼっと突っ込んでしまった。写真の発明からの流れも興味あるし、20世紀になってからの流れももっと興味あるし、その時代に社会と関わりあって活動してきた写真家にはもっともっと興味あるし。つうかもうなんか今はフィルムメディアに一番夢中だ。知らないことだらけでおもしろくってしょうがない。
夏休みは沢山本読むぞ。そして実家帰る前に図書館に入り浸って映像作品見まくってやる…
ちなみに今の携帯の待ち受け画面は昨日の自分の写真という。



明日は補講だ。